【宮台真司】メタバースにひきこもるヘタレはダメ!【古田更一×ともだちだとも対談】【にじさんじ】【ガーシー】【成田悠輔】【ホロライブ】

文字数: 5289

 

 Youtubeで面白い批評チャンネルがある。ワタシみたいな天才がよく見るチャンネルのことだ。データ科学者・成田悠輔も賢いけれど、ポスト成田悠輔としてこのチャンネルも期待している。当然、ひろゆきやガーシーみたいなゲテモノは見ない。

ポチッ。

カオスフォレスト@批評部屋chのクリックした動画には二人の男のzoom対談が載っていた。怖い目のギョロギョロした男が左にいて、右に童顔でひ弱そうな青年がいる。

「おっ!フルタが喋るぞ!いけいけ!新興宗教を論破してしまえ!」

左手でガッツポーズ。名物の早口ラッシュが始まり、ワタシは期待に胸が膨らんだ。

古田更一@批評系Youtuber「幸福の科学二世系Youtuber。キミのことは差別していい無視していい粛清していいって東京の共産党関係の進学校で言われているんだ。それを踏まえて。よーく聞いてくれるよね?」

ともだちだとも「う…うっせぇわ…」

ワタシはベットで寝転がっているのに足腰が大きくブルブル震える.しかし、強気なともだちだともは一歩も足を退こうと思わなかった。

 スマホ越しから二人の大論争を見る腹の出た田舎者な私の方は、激しい頭痛と、次々に彼がYoutube上で語った不謹慎すぎる残酷すぎる真実に今までに圧倒され、頭の中がどうにかなってしまいそうだった。

古田更一「いやなにさ!そんな警戒なさらなくても!別に幸福の科学ってわけじゃあない。自分の人生が詰んでいることに気づかないし気づきたくない田舎の文化資本に乏しいYoutube視聴者全員に向けてボクは喋っているんだ。ボクの視聴者に創価二世が多かったりいまだに東京大学を目指しながらひろゆきキッズをしちゃうどうしようもない田舎者の若者たちに向けて。

批評家集団カオスフォレストをYoutube上で行って不謹慎系Youtubeで社会学者の宮台真司や東大理三、きょんくまなどを批判して大炎上したとき、もちろんYoutuberとしての才覚を信じた面もあるけれど、

Youtubeを使って日本全体を巻き込んだ興味深い実験ができると思ったからなんだ」

ともだちだとも「え…それは一体…」

古田更一「アニメ好きのカルト新興宗教野郎のキミなら聞いたことないかな?マルクスの資本論っていう概念がマルクスが作った造語ってことは…

ともだちだとも「知っているさ!幸福の科学でも言っていた!そして、自分でも気づいたけど、資本っていうお金でお金を生むんだとかお金の矛盾を突くんだとかは、そもそもマルクスが考えるまでなかったって!」

古田更一「目ざといね。そうさ。カール・マルクスの陰謀だったのさ。経済っていうマネーゲームを自作自演で問題があるって偽善者面して見つけたふりをして、大金持ちのユダヤ人を悪役にしようとでっち上げた。そもそもマルクス自身がユダヤ人なのは秘密だけどね。っていうわけで、資本っていう言葉はマルクスが作った造語、最近の発想であって、それまでは皆が思いつきもしなかったし、共産党はそうやってユダヤ人を敵だと錯覚させて皆で襲うようにしたんだ。それが今の大学や極左、そしてロシアや中国を構成していったのさ

ともだちだとも「マルクスの作った造語…」

古田更一「そう!ボクはね、Youtube上にいる低IQな日本人たちを見ていて、Youtubeがその次なる共産主義のユートピア、マルクスの陰謀を乗り越えた、本当のユートピア、『実験場』になるんじゃないかって気づいたんだ」

ともだちだとも「『実験場』…?」

古田更一「『カオスフォレスト症候群』…、いや失敬!日本語の読めない低知能な病気すぎるキミに分かりやすく言うと、東京や都会層のエリートを中心に、ネットに引きこもってその嘘の世界を本当のセカイだと誤認する田舎者や低学歴、低所得層、メンヘラたちのことを、カオスフォレスト症候群って呼ぶのさ。

ボクが作ったカオスフォレストっていう批評集団はあくまで現実で厳しいフェルターがあって入るんだけどね。ネットで自分が無知で無能で無反省であることに自覚的でない癖に、論破王芸人ひろゆきにハマりながらカオスフォレストに入るような最近の連中のことを、皮肉を込めてカオスフォレスト症候群と冷笑されているんだよ。少なくとも早慶や東大の友達たちはもちろん彼らも逆カオスフォレスト症候群にかかっているけど、いつだって画面越しからYoutuberに憧れるキミたち田舎者たちのことを小馬鹿にしていた」

ともだちだとも「………。ざけんな…」

古田更一「はは。もちろん日本語が読めないで宮台真司になるんだ!ひろゆきこそ天才なんだとほざく連中がカオスフォレスト症候群の末期症状と言われているんだけど、より注目するべき彼らの障害行動は、彼らが自分たちが日本語が読めず動画を見続け意識のないことに気づかないというところにあるんだ

ともだちだとも「日本語が読めないことに気づかない…

古田更一「コロナ・ウイルスの際、死にたくないと怯えた日本国民は、激しいストレスから自我を保つために、逃避行動に出た。それがコロナ・ウイルスという絶望の後に起きた偽りの希望、Youtuber/Vtuberブームだったのさ。

コロナ・ウイルスで生きるか死ぬかの本当の現実とは異なるユートピア『別の現実』なYoutube上で生き始めた彼らは、貧者のVRによって自分たちに都合のいい東京像、日本像を創り上げたんだ

そしてー。

それはボクの考えるポスト・マルクス主義、まるでソーシャル・ゲームのような理想郷、

ボクらが王として君臨する社会の縮図だった

ともだちだとも「な…」

古田更一「自分の身に降りかかっている『老害化現象』という不幸に気づこうともせず、Youtube上で老害は切腹せよと言ってセカイを変えたつもりな幸福を錯覚する善良な愚民たち。まさに理想的すぎる統計的な管理じゃないか。

もちろん浅田彰や森村学園、自民党といったボクよりも上のボクらがそれを行ったと言える。

そこでボクのような中途半端な研究願望のある極左は迷惑をこうむったのさ。

ブックオフの閉鎖ー

とだもちだとも「ブックオフの閉鎖…?」

古田更一「ああ。ブックオフで大量の論文を無料で読むときがなによりの幸福だった~。だけど、コロナ・ウイルス後の自粛期間や動画ブームによって本がよりいっそう読まれなくなった…。悔しい思いをしたよ~。

そこでボクはある実験をしようと試みた。貧者のVR、メタバースを自分でYoutube上に作ればいいって。メタバースの『箱庭実験』さ。Youtube上の田舎者には懐疑的だった浅田彰や橘玲たち支配者たちもそれには大いに反論がされなかったよ。そう!ボクは極左な浅田彰&橘玲の理論を実践に生かそうって企んだのさ。なに、難しい話じゃない。浅田彰や橘玲たちが社会を創ったように、歪だけどメタバースのセカイを動かす側に回ればいいってボクは気づいた。その箱庭実験は彼らの真なる後継者としてよかったみたい…」

ともだちだとも「『箱庭実験』…?」

古田更一「ポスト・マルクス主義における貧者のVR、メタバースのクズたちは、どこまで偽善的な害虫のままでいられるのか?つまり、メタバースというインターネットの安全すぎるウソのセカイで、ちょっとしたシュミレーションができると考えたんだ。

っと言っても、そんなに難しい話じゃない。つまりだよ、ノンストレスなカオスフォレスト症候群たちに対して、新たなストレステストをしようと思ったわけ

ともだちだとも「不謹慎系Youtuberという名の批評家たち…

古田更一「その通り!

彼らがメタバースという仮想現実で創り上げた『コロナ・ウイルスのない平穏な日本のセカイ』に対してね、その平穏がぶっ壊れるような動画、例えば、自殺したヘタレを茶化したり、コロナ・ウイルスにかかってそりゃ死ぬやろな老人の死を演技で真似する動画を大量に投稿していく。東京の賢いと思う方々を論破する動画を大量に投稿していく。

そしてー。

その不謹慎動画の当時起きた大炎上がどのレベルまで達した時に、彼らのストレス度は限界になるのか?そして、限界に達したカオスフォレスト症候群の彼らは、再び更に強烈な現実逃避、メタバースへの現実逃避や狂依存を行うか否か?」

ともだちだとも「な…」

古田更一「このコロナ禍に起きたYoutubeの大事件をポスト・マルクス的な現代思想の命題に当てはめるとこういうことになる。

仮想現実を生きるメタバースの住民たちは拡張現実を生きるARの住民、スマホのセカイと外の世界を両方行き来したり、もしくは自民党よろしく権威の人間たちからの、気持ちいい弾圧や搾取といった『ストレス』に、どれだけ耐えられるのか?そして善良な愚民のままでいられるのか?

逆に不謹慎動画で、いや、批評動画で(笑)、どこまでストレス負荷をかけると、彼らは限界に達してしまうのか?そして、限界に達した彼らは、自分たちの幸福を、メタバースという理想郷のために、自らの意志を持って社会を作り替えようと動こうとするのか?

とー、まあそんな最新の思想的な実験をしようとボクは坂口章たちをアジったり権威化させ、自らもひろゆきやきょんくまに絡み行動し、そう思ったのさ。

ところが!いざ実験を続けようと結果を待っていたら、

驚いたね~。

すでにボクの出番はなかった。

悪霊よろしく統一教会二世による『安倍晋三暗殺事件』という革命殺人事件が発生し、日本中は大騒ぎになった。自民党や大学、企業が不正や宗教との関わりがバレて、日本の権威の失墜はそりゃあ大変なことだった。

ともだちだともくんの下品なお友達たちが犯してくれた次々な事件はボクが計画していたスマートな方法とは全く違ったものだったけど、それはそれで!有意義だった」

ともだちだとも「…」

え?新興宗教にただ山上徹也は騙されていただけじゃないの?というか安倍晋三が死のうと死なないとどうでもいいよ。それにマルクスがどうこうとか難しいことはよく分からないよ。スマホ越しから二人の睨みを覗く私はそう思った。ただ面白いからもっと見てみたい。すでに言語化できない冷や汗を感じていたんだ。

一方で、顔出しをするともだちだともの顔が凛々しくシュっとしていた。

古田更一「カオスフォレスト症候群、俗に言われるカオスフォレスト視聴者たちは、自分たちよりもさらにみじめな人間ーキミたちのような新興宗教二世たちが事件を犯したり、殺人犯のヒーローだ悪人だと追い立てたり、過剰に無視されたりー。そういう人間の姿を見て興奮し、大喜びしていた。もちろんボクの不謹慎や批評動画を見て、本末転倒、なぜかボクを権威に着て、おじいちゃんな宮台真司や東浩紀を余計に殴ったりする快楽に酔ってしまったんだ。弱者ぶる彼ら症候群者たちはー。

『平穏な二ホン』がこれほどまでにかき乱されているのにもかかわらずだよ!

カノジョらのメタバースにはほころびすら見えなかったんだ。…なるほど~って思ったよ~」

古田更一「これは、ポスト・マルクス主義、浅田彰の構造と力、橘玲の幸福の資本論の政治的な裏テーマ、隠されたアジテーションの悪意と一致する。

メタバースの日本語が読めない無知な彼らに、本当の現実を分からずとも幸福にするためには、Vtuberよろしく、彼らより下層に見える極端なイジラレっ子な演者たちを与えればいい。もしくは同化するためにイジメッ子すぎる演者たちを…」

ともだちだとも「本田健の精神分析、いじめられっ子といじめっ子の関係…」

古田更一「そうすれば彼らは、自分たちがすでに支配されていたり自業自得であることにも気づこうともしないまま、イジラレキャラな演者、坂口章や兎田ぺこらをイジり、時にそれを正義だと声高に叫び、自己満足に浸る。楽しむ。喜ぶ。

そうしておけば、本当の支配者階級、東京の地位、アメリカの地位は揺るがない。シンギュラティは起きる。いやはや全く愚民というのはっ!!!御しやすい!!!」

ともだちだとも「ま、自業自得の悪意を抱えた連中ですからね…」

 

「やっぱり宮台真司の関係者って社会批判していて頭良いな…」

一人寂しくため息の独り言をボソッとついてしまった。ワタシは宮台真司の顔がサムネな動画をクリックしてこの動画にたどり着いた。やっぱり宮台真司は頭が良いと思い、明日も働こうとスマホの画面を消したのだった。