俺ほど美しい人間は存在しない.

文字数: 687

みんな遺伝子から逃げている.

オレはずっとずっとずっとモテすぎて苦痛だった.告白も何度もされた.面倒なことがあれば,オレが思ったようにいつでも人間が動いてくれた.

だから,できない受験勉強やできない思想をがんばった.

こんなに美しいルックスと人格者だからこそ.できないことを頑張るんだよ.

不可能なことを可能にしようってがんばるんだよ.

 美とは勝つことだけでない.

 負けることだって

美なんだぜ.

  もちろん綺麗事ではいかない.

  しかし,愛情を訴える人間ほど悪人になってしまう.

  どうして?と思う.

  どうして自分にウソついちゃうの?って.

  生と死は同じである.

  ウソついちゃうと,後から痛い目にあって苦しむのはキミたちなんだよ.

  ボクは優しいからいつでもそう諭してあげていた.

  なのに.君たち人類はいつも同じ間違いを繰り返すのだ.

失敗を愛せ.

  美を愛せ.

不遇な人生を愛せ.

本当はキミたちはみんな不遇なんかじゃあない.

  どうして宿命と向き合わないのさ?って思う.

  本当は不幸だと思うその先に

  莫大な幸福が眠っているっていうのに.

ボクより美しい女の子も男の子も減ってしまった.

  熟女と熟男に

  負けたくはないよね.

   いや

負けてんだなぁ.