“まつたけ大王はぱくもとの精神と時の部屋の夢をみるか?”絶対見ない。〜貧者のVRの先にある地獄.反社会的でありながら社会化ぶる文系ヤクザたち〜

文字数: 5191

古田更一(以下、古)「かるてぶらんしとあのまつたけ大王のあの世代が馬鹿かっていうと、陰キャっぽくて頭が良いのが、まつたけ大王っていうyoutuberなの。本ばっか読む奴なのよ。で、陽キャなんだけど、学歴コンプレックスなのが、かるてぶらんしなのよ。あの2人って年近いと思うのよ、俺より年上なの。あの2人って年近いのに何で仲良くないのって思わない?

あの2人、お互いがお互いを恐れてるのよ。」

逆精神病院 ダニエル(以下、ダ)「僕とかるてぶらんしさんの関係でなくて?」

古「全然違う。かるてぶらんしさんにとっての同年代の頭のいい人なんだよ。頭でっかちの陰キャ。いい意味でも悪い意味でも。馬鹿にしてる意味じゃない。行動できるのがかるてぶらんしさんなのよ。ゆとり世代の陰キャのガリ勉くんがまつたけくんで、陽キャのヤンキーがかるてぶらんしさんなのよ。この2人の弱点ってのが、面白いなって思ってて、ヤンキーの生活保護受給者のくせに俺が”社会が存在しない”っていうと怒るのよ。とくにかるてぶらんしさん。あの2人の存在そのものが社会を否定してるフリーライダーのくせにね。ほんとに社会ってのがあるなら何で二人で対話しないの?年が近いのに、あの2人はお互いのこと避けてるよ。関心がなさすぎ。この話すごい難しい。」

ダ「難しいですよ、全然わからない。」

古「あー……鉛筆とノート貸してくれない?数学できる人ならこの話わかる。チャートにしないとわからない。」

古「日本人が1億人いて、頭のいいとこ、どこ?って言ったら、東京大学とか、あとは文壇とか。」

ダ「あとは、あれですか、医師会とか?」

古「あー医師会でもいいよ。ここまでついてこれてる?」

ダ「はい。」

古「これって近代の発想なのよ。近代こそが、人間の認識できる限界の範囲の認知限界の話なのよ。その前に中世ってのがあるのよ。中世の頃は村なのよ。」

ダ「中世は教会とかですよね。」

古「本当はこれ自体もフィクションなのよ。」

ダ「日本で言えば寺だし、徳川幕府、みたいな感じですよね。」

古「そう。次。これが恐ろしいわけよ。次は社会。社会って言っても、今はみんなSNSで繋がってるわけよ。社会じゃなくてソーシャルネットワーキングサービス。これ皮肉ってるのよ。ソーシャルネットワーキングサービスと社会とは全く違うもので、あの2人はSNSのウソできた社会を信じちゃうからお互いの同世代を見ずしてフリーライダーの悪人でありながら無自覚かつ他責にしている。社会ってのは日本人1億人が、みんなが頭いいのどこ?って言ったときに、一応は客観的にやろうとしたのが、東京大学だったり、医師会だったり、文壇なんだけど。SNSってのは個性経済学なのよ。社会が丸ではなくて、マルチバースっていうちっちゃい点がいっぱいあって。ちっちゃい点を、『これが社会だと思いますよ~!』って言ってる点だらけなのよ。ほんとに島人(しまんちゅ)だらけなのよ。こういうのが無数にあるだけなのよ。」

ダ「つまり、過渡期ってことですか。これがまた、幼虫か蛹になって、秩序だってきて。」

古「絵にすると怖いでしょう。もう東大ってないわけよ。これって絵にすると想像を絶しない?彼らがどれだけ幼稚な話をしてるかって。」

動画内参照 5:00~頃

ダ「”こういう奴がすごい”って言っても、点なわけですもんね。そういう奴はいっぱいいるんですよ。東浩紀もいっぱいいるし。」

古「そうそう。毎年1000人くらい東大に受かってるんだよ?その中のどれくらいの人がyoutuberで有名になってるかって話じゃない。人によって、何がどう東大生か違うわけよ。」

ダ「つまり、僕みたいな理系のクレバーな人間を”東大生”っていう人もいるし、がり勉でたわしみたいなのを”東大生”って言う人もいる。みたいな感じですよね。」

古「全員が違うわけよ。」

ダ「逆に古田さんみたいな教養のある人もいて、また別の人間じゃないですか。」

古「だから個性経済学的にはほんとは全員が勝ってるんだけど、現代社会は競争がないはずなんだけど、また恐ろしいことがあって、まつたけさんとかるてぶらんしさんってズルい訳よ。典型的ソーシャルネットワークの人間。彼等は島人にいることが不安で仕方ないのよ。毎日なんでこんな気持ちいいんだろう、毎日なんでこんな気持ちいいんだろう。だからこういう宗教を信じてるわけよ。」

ダ「島人の人が、(近代の東大的な)モノがあると信じてて、」

古「心の精神安定剤としては、そういうものを信じてるっていう過渡期。それでいてフリーライダーな現代社会に生きる屁理屈な文系ヤクザっていう。こういうのがあるってみんな思い込むことによって、なってるっていう。とんでもない時代。メタバースの前期。」

ダ「みんな、それぞれの視点でこういうものを信じてるっていう。グラデーションがありますけど。」

古「だから既にみんな新興宗教。中世の人ばっかり。ある意味では新興国の人ばっかり。頭悪いわけよ。で、ここでまた面白いのが、何が言いたかったっていうと、受験勉強も、本読むのも大事じゃん。youtubeで動画投稿するのも大事じゃん。ダニエルくんが”youtube動画投稿しろよ”って言ったのが良くなかったのは、あくまでダニエルくんみたいな理屈ができる人が、youtube動画投稿できるのは凄いいいのよ。坂口章とかかるてぶらんしさんみたいな人は出来ちゃってる。」

ダ「出来ちゃってる、天才だから?」

古「天才じゃないのよ(笑)」

ダ「そっちの方面の能力があるから?」

古「それ天才じゃないのよ全然。ダニエル君から見たら天才なのよ。ほんとは違うけど、頭でっかちのお勉強出来る人が動画投稿出来るからすごいのよ。Twitterにいる人がyoutubeやるから凄いし、進学校に行ってた人がやるから凄い。もともと進学校に行ってない人がyoutuberになるのは当たり前なのよ。それはダニエル君が初期に言ってた動画哲学の間違いだったのよ。まつたけ大王も間違えてるわけよ。逆に言うと、初期の古田更一の本読めも間違えてたのよ。あの頃は本読み過ぎてる人ばかり来ちゃったのよ。頭いいひとだけ来ちゃった。その中でまともなのはダニエル君だったけど。まつたけ大王は本の読みすぎ。つまりまつたけ大王とかるてぶらんしさんが互いに避けてるのよ。お互いのこと見たら島人ってばれちゃうから。才能ないしクズってばれちゃうから。しかもお互い自己中ってバレちゃう。

ダ「そうっすね。東大はラジオ化しているのに東大生ぶるまつたけ大王、パリポも古代化しているのにヤンキーぶるかるてぇぶらんしぇ、どちらもお互いを直視しすぎたら裸の王様とバレたり認知不協和音になるから、逃げちゃうメタバース.」

古「『みんな、冷笑なんてよくないよ!ちゃんと前を見て歩こうよ!プロ奢られイヤーはすごいじゃないか!プロ奢られイヤーは社会を救ってるじゃないか!冷笑なんてるする奴は悪だよ!そんな奴はいるはずないよ!』で、まつたけ大王『世の中どうせさ、現実は辛いからさ。はるしにゃんは自殺してしまって、古田さんは諦めずにそれをやってて、すごいなあと思います。』どっちも間違えてるでしょう。お互い怖いわけよ。自分が間違いってばれちゃうから。

彼らは論争を避けているはずなのに、論争を避けた事実が見えない」

ダ「ある意味、結論ありきでしゃべってる。テレビ番組。」

古「だからどっちもダメなわけね。客観的にヤバいわけよ。どっちも出来ないことを、自分の至らなさを言い訳するために。昔の大学院行った友達もそうだし、ダニエル君の医科歯科の友達もそうね。ダニエル君が医科歯科の友達切れないのは、自分の友達が自分より殆ど才能ないのを認めたくないんだよ。」

ダ「あーそうっすね。」

古「逆にそれは希望でもあって、エビスジャップだってヒカキンもそうだよ。たまたま宝くじ当たっただけだよ。そういう人達は。って気づいたわけよ、それは希望だよ。逆に言うと才能とかないんだよ。才能とか平均の人はない。俺とお前は特別だけど、殆どの人才能ない。お前の医科歯科の友達もたまにはお前より頭のいいこということもあるでしょ?才能ってのはグラデーションがあるだけって話。だからこの図式なわけよ。ほんと恐ろしいよ。

ダ「メタバースの図。」

古「重要な問題で、落合陽一の本にはこの事出てこない。デジタルネイチャーの本には貧者のVRとか言われてる。ここまで図にしたりとかなくて、サラッと流れてる。こういうのに騙される人なんているはずないでしょって雰囲気。そこが落合陽一のデジタルネイチャーの限界。」

ダ「落合陽一も東浩紀を論破する時に言ってたじゃないですか。こうなるだろうって話をしてるのに、こうなってほしいと話されたら困るよっていうのと同じで。貧者のVRが出現するだろうってことを予言したに過ぎないんですけど、実際に貧者のVRやってる人がどこにいるかまでは言ってない。でも実はいっぱいいた。デジタルネイチャー出したときにまつたけ大王は、ブログ書いてたはずですから。」

古「というよりまつたけ大王は落合陽一のこと嫌い。落合陽一のことは中身ないと思ってる。頭悪すぎ、頑固。それで冷笑キャラだと思ってる。ほんとの冷笑キャラお前だろ。落合だろ。ニヒリズムは。」

ダ「イヒーッ!」

古「ほんとのニヒリズムはお前たちだろ?まつたけ大王なんて赤ちゃんでしょ。まだ希望持ってるでしょ。まつたけ大王のが絶望足りてないわけよ。ほんとの冷笑キャラは東でもない訳よ。ほんとは落合のが絶望してるわけよ。全然わかってねえなって思っててこの話。」

ダ「まあそうですよねえ……。」

古「こんな簡単な絵だよ。しかも自分の見たいものしか見なくなったわけじゃん。しかも数値化。100とか50とかなんか毎回数値があるわけよ。東京大学がどれだけ頭良いかなんて数値化されてないから。逆に数値化なんてしなくてよかったのよ、ほんとは。東京大学って言ったって色んな人がいる訳じゃん。ポートフォリオじゃん。良くも悪くも数値化しちゃった。進化って言ってもいいけど。」

ダ「ある意味、ここの文脈で言うと偏差値とかが、SNSが提示する数字、概念ですね。可視化するってことはすごい難しいんで。」

古「近代前期、それは平成ね。平成がこれは準備してた。メタバースの準備してた。偏差値。受験数学じゃん。これはもう受験数学どころじゃない。これはもうAIだから。SNSの統計データだから。YouTubeStudio。」

ダ「だからテストしなくても毎日YoutubeStudioで。」

古「偏差値は自分で計算する話。数Ⅲじゃん。これはもう機械が計算してるから。」

ダ「うお~めっちゃ登録者増えてる。」

古「すごいじゃん。しかも、自分の動画見てないでしょ?くだらないから。でも、これ見て怒ってるわけよ。コメント書いてやる~コメント書いてやる~って。気持ちいいでしょ。」

ダ「また再生数、5万回回ってました。この動画、四秒で取ってるんですよ(笑)マスクしなくても電車には乗れるよ~って。」

古「5万人が『あ~~~!お前才能ない!お前才能ない!』って才能ない人達が。すぐるー日記たちもそうでしょ?」

ダ「3回に1回くらいは、3万の壁を突破するんですよ。いや馬鹿だよなあ~。」

古「ほんとにバカでしょ。落合の本読めないとか言ってる場合じゃないでしょ。読めて当たり前でしょう。逆に読まなくてもいいかも、現実の話だから。落合なんて趣味で読むものだから。俺理系キャラでしょ?って感じするじゃん。既に起きてることなんで、以上。落合ってのは軽いノリ。落合はちょっとやさしいね。」

ダ「めっちゃコメント来てますよ。これがまさに貧者のVRですよ。この名もなき人達の名前。たった今コメントくれた。こいつらすでにもうyoutuberなんですよ。」

古「”アンドロイドは電気羊の夢を見るか。”、“まつたけ大王はぱくもと精神と時の部屋の夢をみるか。”絶対見ない。

ダ「じゃあこれアップしますか。YouTuber、貧者のVRへようこそと」