武蔵野美術大学でなぜボクはソーシャルゲームを研究したのか?

文字数: 1463

  全てが退屈でつまらなく見えたんですね.

漫画だとかアニメだとかが.

それはもちろんSNSも該当する.

こいつら、いまだに前時代的にナイーブな演劇をやっていいるのかよっていう絶望がありました.そもそも大学入試というもの自体が古い.いやすでに皆うすうすと分かっているんですよ.だから、高学歴なのか低学歴なのかという不毛な論争をしちゃう北村紗衣VS小山晃弘になっちゃうわけで、全然意味がないんですよね.

 分かりやすく言えば、SNSは統計データだし、確率論で動いているから、気持ちいいわけで、大学入試の4技能可も全てが理系になって、最後は大学そのものが大きく変わるんだなって分かっていたはずなんですよ.

 大学も面白かったけど、ボクが当時熱中したアートは、逆転オセロニアというソーシャルゲーム.今ではかなり古くなってしまったけど、にじさんじやホロライブ、不謹慎系ユーチューバー、全部を予言するようなサービスシステムで、もう全員がクリエイターなんだなって分かった.

 漫画やアニメ、ユーチューバーは教養がないんだよ.

 悪い意味で作家主義なわけ.

   ジブリってもう若い子たちもう見ないでしょ笑.エヴァだって笑.

だから、極めて前時代的に天才待望だとかぬかす連中こそ、才能がないんだと思う.

虚淵玄という作家が自分は才能がないし、単なるエロやギャグが好きな作家だと言っていて、そうそう、こういうのが、本当のアートを分かっているよなと分かる.

虚淵玄自体は天才だけど、彼の描く真実は別に彼が特別に発見したものでもないので、誰でも体験するものなんだよ.

 そこらへんを暴力的に暴いたのが、にじさんじホロライブ、逆転オセロニア、メタバースなわけ.

文系的な才能を否定しているのは、むしろ素晴らしいことだと思う.

 だって、人間にほとんどそんな才能なんかないんだよって言語化した方が、より本当の天才が分かるから.

自己承認でランカーだとか高学歴だとかは、大量生産させてあげちゃって、本当のアートは、嫌だけど、快感な大炎上した逆転オセロニアのプロデューサー、香城卓やるしあの中にいたみけねこの方がよりアートでしょ.そして、そんな彼らを取り巻くみんなの争いや発言が勝ち負けなく、みんなアートでしょ.

というわけで、才能なんかより、ポジションを張っているかが、本当のアートかどうかで、試験までは必要だし基礎教養には素晴らしいとこだったけど、やっぱソーシャルゲームにコネ作って、彼らをアートとして紹介するのは必要なことだったと思う.

実際、逆転オセロニアのプロデューサーにも会って、今では正しいメタバースとして、インテリ系ソーシャルゲームになったわけですし.

今ではVtuberやユーチューバーがあるけれど、遅いんですね、速度が.

本は全部電子書籍やブログで読んだうえで、あえて紙の本を読むこと.

もう原研也も佐藤可志和すらいらないよ.

本当のクリエイターは自分に才能がないと分かりながら、けど、才能があるとポジションを張る行為の連続性にしか、ない.

言葉で才能がうんぬん言っていたら、日が暮れちまう.

Anything goes!!!

  ってわけ.