コロナ禍はアート。高橋祭も神田沙也加も本当に死んでよかった。坂口章、この世すべての悪を産めたから。

文字数: 1404

偽善をする理由が

分からない。

 美大を歩けば、体験できる。たくさんの高橋祭予備軍を殺してレイプして、そのエネルギーの発露でボクがいるし、周りのアーティストも輝くんだって。

 電通がこれまで日本社会を動かしてきたのは、君たちが選んだ犠牲のおかげだ。

 そして、圧倒的エネルギーの犠牲は大切だ。

 思うに、人は勝ち負け囚われすぎているから、自己実現ができていないのだ。

 

 人は死ぬ。

 どうあれ、人は死ぬ。

 人は死ぬのだ。

  どうして不死身の研究を人類はあまりせずに、バエる、インフルエンサーになる方を選んだかは、本当にその人々が輝く瞬間は肉体の維持ではなく、表現の発露にあるからである。

 ボクは相次ぐ有名人の自殺を否定できない。

 だって、

 世界は一瞬、一瞬だ。

 もし、木村花が自殺しなかったら、もし志村けんがコロナ禍で死ななかったら、もし、三浦春馬が自殺しなかったら、もし、神田沙也加が自殺しなかったら、

 ボクは不謹慎系ユーチューバー、坂口章、引いては遠藤チャンネルというお祭りに参加できなかった。

 というよりも、

 人生に偶然はない。

 すでに、死にそうな状況に木村花は三浦春馬は人生の選択を間違えていたのだ。

 そして、

 生きることは、死があるからこそ、美しい。

 勝つことばかりに拘るあまりに、物事の本質を現代人は見失ってしまった。

 

 美を優先するべきなのだ。

 快楽の原理を徹底的に意識するべきなのだ。

 もちろん、メンヘラはダメだ。

 なぜなら、悪いことに酔っているからだ。

 

 アートとは、物事の本質を見抜くこと。鋭く描写すること。

 

 つまり、コロナ禍こそが、

アートである。

 まだ満足できない。

 いや満足できえない。

 もっともっともっと皆の衆が喜ぶ怪異な美術をこの世全てに覆わないといけない。

 世界中に坂口章を。

  ネット空間だけではあるまい。

 現実の世界に坂口章を。

 あれは、自らの誕生を望んでいる!!!!

 

 メンヘラや自殺願望者が絶えないのは、

 本当のアートの神髄まで脳髄が届いていないからなのだ。

 世界を救済するためには、より黒い力が必要だ。

 黒があるからこそ、黒という問いがいるおかげで、白は生まれる。

 問いを忘却してしまったら、白という回答もなくなるのだ。

 仕事をしなければ、充実しない。

 試験を受けなければ、充実しない。

 機械で作られたものは、白ではない。

 それは、毒である。

 さぁ!美の時間だ。

 死を運ぶ死神たちを更に召喚せよ!!!

  さぁ!?キミにはどっちが才能がある天使に見える?

 さぁ!!キミにはどっちが才能がない悪魔に見える?

 あははははははははははははははははははははははははhあ

はははははははははははははははははははははははははあっはh

 三浦春馬こそがt!!!!

 坂口章こそがっ!!!!!

それらは実は…