web writerという職業。

文字数: 272

 坂口章からはくだらないなと言われたが、わりかし楽しいから続いている面もある。

 なんというかほどほどの苦行、ポジションを張っている感が気持ち良いのかもしれない。

 文章を書くスピードや論理性が異常なのは、毎日気が狂うぐらいコンピュータで文章をライティングしているからかも。

 圧倒的量が質になる身も蓋もなさは、ある。

 小論文やYouTuberも似た部類。量をコンスタントに適量すれば、話すこと書くことは、スポーツだ。日夜走り込みをしているが、同じこと。

 AI共産主義時代だからこそ、真逆の身体力は必要だ。