(秋葉原)をハックする。メタバース以降のユートピア。

文字数: 3842

古田「逆転オセロニア消したわ!」

ダニ「えぇ!??!どうしてです?」

古田「秋葉原へGO!と思ったら、ソーシャルゲームをイジりまくる自分がキメェオタクに見えてきた」

ダニ「確かにキメェ!」

古田「ですです。だから、Twitterも消さないといけない。Twitterそのものの設計がAIなんだよ。アンフェミもさえぼうも東浩紀くんも可愛そうないいねツイ廃かも」

ダニ「なるほど🤣」

古田「秋葉原のオタクって、気持ち悪い自分をつとむ君、キモいよねっていうアイロニーが強くあって、強烈なオタクって感じで、良くも悪くもネットの田舎モンかつ倫理感覚のない連中とは違う気がする。秋葉原は良くも悪くもベテランちっぽい自虐芸が良くも悪くもある」

ダニ「ですね。専門性の街で、専門性にアイロニーがあり、良くも悪くも誇り、プライドがある。電化製品に、オタクに、ラーメンに。ちゃんと専門性があるって分かる。まあ本当にベテランちやオタクをガチキモ扱いしたら、怒るところを含めて良くも悪くも秋葉原は、メタバース、Twitterの先なのを改めて気づきましたよ」

古田「それに意味がないね」

ダニ「何がです?」

古田「TwitterとかYouTubeは生産性がない。単なるメタバースの住人。皮肉な話しだけど、闇の自己啓発や木澤佐登志、一ノ瀬翔太たちそのものがメタバースに洗脳された哀れな住人と分かる」

ダニ「なるほど!では、メタバースの先がやっぱ秋葉原なんですねぇ!秋葉原→メタバースは極めておもしろい!」

古田「どうして?!」

ダニ「やっぱ自分が気持ち悪いよ!っていうアイロニーがある街じゃないですか!」

古田「その通り。後さ、飯野くんやさえぼうは秋葉原を壊すしかないと思う」

ダニ「🤣」

古田「だって、秋葉原って美少女の人形がたくさんいるし、メイドもたくさんいる。ポリコレ、町山くんたちにはアウトじゃないか。私文っぽいマーチ系は秋葉原の理系かつオタクの街と似ていながらも対立している」

ダニ「ですね。島宇宙。たださえぼうや飯野さんが出来ないということが、彼女たちの限界、田舎だったり違うメタバースということなんすよ。

ただ秋葉原の近くに落合陽一が済んでいるのは、自明で、筑波エクスプレスがある。

秋葉原は、落合陽一の可能性と限界ですね。

だから、落合陽一がキモオタクで、筑波の研究者になるのは、卵か先か鳥が先かで決まっていたんですよね」

古田「そのとおりだよ」

ダニ「筑波大学に行ったことあるんすけど、マジ病院なんすよ!めっちゃ面白くて、これは落合陽一さんは自殺するなぁって分かります。すげー落合さんが死ぬの理解できて感動して…」

古田「落合陽一がメンヘラなのは…」

ダニ「古田さんが天才だから、分かっているけれど、一応そこは高学歴の落合陽一超えの僕に言わせてください。

彼は、東大落ちの落ちこぼれの落合陽一なんすよ。

だから、彼はメンヘラなんすよね。だって、開成や灘だったら、浪人して、かつ、東大に入れないと、友人のネットワークから外されるんすよ。僕は彼らのような進学校に似てるから分かるんすよ。あのキモキャラで権力欲強いのは、ガチでアイツはヤバいすよ!」

古田「ひろゆきみたいに底辺からあのキャラは良いけど、落合陽一さんは本当のエリート階級で落ちこぼれ、だからこそ、プライドが高すぎるがゆえに、実力があるって分かる。僕なんかは知的好奇心が強いけど、彼は権力に関心あるからね。まあ彼は頑張ったとは思うけどね」

ダニ「はい!

メタバースの先っていう秋葉原は安心ですか?」

古田「まあネットと秋葉原は良くも悪くも違うって分かったよ。

ネットは皆オタクだけど、秋葉原は批評性のあるオタク、オタクすぎるオタクだから、今のオタクとは当たり前だけど違うよね」

ダニ「あと、道の形が面白くて、車がたくさん通る、人がたくさん通る。形も綺麗に配置されながらも、一方で脱物語的にランダムに建物の高さが違う。これは資本主義の完成形な都市構造なんすよ。良くも悪くも京都的というか、人が目的を持って貯まるように都市設計されている。アーキテクチャ。歩けば、気づきます。文字だと難しい」

古田「だから、資本主義原理な秋葉原って僕は嫌いでさ、池袋の方が面白いのよね。だって、秋葉原はお店に入らないと消費しないと愉しめない資本主義的な街。情弱に高いものを買わせよう買わせようというパチンコ台みたいなところがある。もちろんパチンコは嫌いじゃないが、わざわざパチンコ台だらけに行きたいとは思わないのよね。あと、スマホで見れるものをわざわざ現実でやってもチープすぎる。良くも悪くも宗教なんだな」

ダニ「だから、ディストピアですよ!」

古田「西村博之は初めから最低な人間だけど、彼自身が最低に弱い人間なのかもしれないね。静くんに似ていて、無垢なオタクをわざわざ騙して、論破王とかやりたいところとか、彼に似てるよ、人格の強みと弱みが」

ダニ「だから、彼は規模を拡大するために、賢い秋葉原のオタクから田舎の馬鹿なオタクかつ若い子を狙うようになった超メンヘラすよ。最近、古田さんがひろゆきは草だから、まあ猫でも車でもよいんすけど、彼自体にもう意味はなく、彼以外の詐欺師もやることだっていう話は分かりやすいですね」

古田「皮肉なのは、白饅頭や飯野くん、さえぼうは秋葉原にいそうだよね」

ダニ「はい」

古田「最近のLGBT運動は、皮肉だけど、弱者男性のオタク、アンフェミから始まった気がしていて、市民権を得たオタクに対抗してLGBTと女性、女性っぽい男性たちがギャーギャー言っている節を感じる。

だから、アンフェミ=オタクに同族嫌悪的にフェミニズムは怒るかと」

ダニ「隣りにある御茶ノ水も気持ち悪いガリ勉くんや医科歯科の街っすからね。御茶ノ水は、ガリ勉の街でもあるから、良くも悪くも男性的な理系と女性的な文系がどっちもある気がしますけども」

古田「まあ秋葉原は死人の街だけど、まだ死人に開き直るから生きているね」

ダニ「はい!だから、ネットとはまた違いますね!ただP丸様はこれで攻略できましたよ。まあまたあそこには資本の問題がありますが、まあ似たレイヤーっすね」

古田「改めて医科歯科も秋葉原も筑波も御茶ノ水もつまらない街だなって分かる」

ダニ「自虐ですけど、御茶ノ水のギター文化にかぶれて、バンド組みました。かつ勉強も茶水でやった。

だから、御茶ノ水は学校の延長線で、作られた消費者、先生のチンポを死ぬまでペロペロ舐めたい街なんすね。本当に面白いものはあまりなく、お座敷芸。医科歯科はそんな良くも悪くもそんな感じでしたよ。

勉強しているから、宮台真司くんみたいに勉強くんが無理してナンパ!ナンパ!って騒ぐ感じ。

おい!って感じ」

古田「君への軽い批判にもなるけど、高学歴って発達障害者っぽいし生きづらい奴等が多いよね。ほとんどの高学歴はぶっちゃけ普通に生きたいー。だから、学歴だけ取って、さくっと女や酒、音楽に行きたいんだろうな。良くも悪くも神保町の方が面白い。丸善はステマ本だらけがあまりに前に並んでいて、たまに買っているけど、バカだなぁっていう印象があるね。まあ駿台の参考書は素晴らしくあるし、駿台は良いと思うけど、あれにハマるのもベテランちだな。

まあ卵が先か、鳥が先かで、

発達障害者っていうより、低学歴の高学歴コンプという高学歴好き中毒者も多そうね。学歴は、権力だからね。政治に関心がなくて、大学って気持ち悪いよなと昔から思っていた。蟻みたいでさ」

ダニ「大学受験は、キャバクラみたいなもんすから!」

古田「近代国家の大量生産問題。人間って増えすぎたと思う。だから、メンヘラは近代、国家成立から始まったと思う。ポコポコ産むし、あったこともない人間を仲間だと思えるし、様々に依存している。近代人そのものが人為的なデザイナーベイビーであって、メンヘラなのは自明だよね。

まあメンヘラ=個性という個性経済学は、負債者と金持ち、低学歴=高学歴という話がある」

ダニ「はい!国家が家族の依存的メタファーで、東大もメンヘラっすよ!だから、彼らにいちいちレスパ無駄っす!一ノ瀬くんや落合くん宮台、アズマ、含めて全員、近代のメディアと国家、メンヘラ時代の人間たちですからね。ビクビク!あはははははははははははは!!!僕も軽いメンヘラすから、友達たくさんいると快楽物資出まくりっす!

もうワクワクしますよね!脱近代以後、たくさんの人間が孤独だしヘラりながら、新人類たちの時代にだんだんとなるんすよ!」

古田「秋葉原やオタキング、岡田斗司夫は、メタバース内限定で、先を良くも悪くも行っているね。メディアがメンヘラなんだね」

ダニ「宇宙に行くメンヘラ、ホリエモンを忘れないで欲しいっす!」

古田「よっしゃ!次は、宇宙旅行しよう!」

ダニ「安くなりますからね。宇宙、愉しみです」