東大に受かるのは当たり前。

文字数: 1583

  人はパラダイムの奴隷じゃないかと不思議に思えてくる。

 優れたわけじゃないが、私は勉強やスポーツ、コミュ力、批評、飲食ありとあらゆることに努力を注いだが、どうしてか皆、限定的な場面で思考を停止した人間ほど勝者だと勘違いしているように思えてくる。

 たとえば、小学生は運動神経を求められて中高は勉強やコミュ力で、大学からは恋愛や自由さで、社会人はビジネスや自由、家族作りかもしれない。

 が、本質は、受験勉強でもないしコミュ力でもない友達づくりでも恋愛でも家族でもないのに、過剰適応して、毎回、何度もリセットして馬車馬のごとく、次のゲームの努力を必死でしちゃう。

 瞬間瞬間で皆、努力したふりをしたり、コスパの悪い学習法をしているけれど、不幸ぶったり努力ぶったふりをしているだけじゃないかと思う。

 たとえば、YouTubeはある種簡単だ。読んだ感想や発想をただ口で言うだけなので、面白いし、更にコンテンツにもなる。こんな楽なことはない。

 もちろん元々の地頭は良いが、サムネ画像もやりたくないし、毎日投稿もしたくない。あくまで毎日投稿してる風、または長時間気づいたら話していたと自己催眠することも大事なことなのに、なぜか一からYouTubeをやるのか‥と皆初めから正攻法というフィクションを信じている。

 身も蓋もないけど、正攻法が悲しいのは、ひろゆきや東浩紀の二番煎じであり、正攻法をベタにやろうとしすぎるひとほど、ひとほどや東浩紀未満だとも思う。正攻法は大事だが、あくまで貴方がどうするか?という自分のゲームなのに、なぜか受け身すぎて、受験勉強も批評もスポーツも恋愛も中途半端になりかねない。

 身も蓋もないが、ほとんどが暗記と理屈、実践の試行錯誤であり、ジャンルはあくまで自分の得意科目に甘えているにすぎない。もちろん甘えるべきだが、あくまでガチャが当たっただけで、逆に言えば、努力というより、発想力や機転の効かせ方が重要な気がする。

 不思議なのは、どうして東大に受かったぐらいで皆満足するのかネタぬきに不思議なのだ。 

 本当に赤ちゃんみたいに言えば、東大に合格しひろゆきみたいに地頭も良い橋本環奈みたいな美少女かつ古市くんみたいに友達がたくさんいてラーメンを毎日食べれるようなそんなそんな人生でありたい。

 もちろんメリットデミリット増減をここまで考えていないが、東大に入るに勉強時間が付与されたりするなら、それはデミリットも選択したことになる。

 私は受験英語が好きだが、不得意だけど、読書スピードが上がり、かつ皆みたいに誤読しなくなるなら、受験英語が好きだ。

 身も蓋もないけど、批評や哲学をやろうと思ったら、スポーツしたり外国語をひたすらやる情報処理スピードの向上が使える。

 でも、これはあくまでつながった学習で楽なやり方であり、受験勉強の知識を応用しようと思えば、ラーメンにも仕事にも批評にも使えるのだ。

 ブリコラージュ、レヴィ・ストロースの発想に近いかも知れないが、努力しないで努力するなら、全部がつながっていると思うと楽チンだ。

 なのに、毎回、受験は受験、仕事は仕事、楽は楽、と終わる。

 んで、これを子供の戯言だとネタに流す人々ほど、真剣にならないといけない場面ではギャーギャーナイちゃう。

 能力の有無に関わらず、東大受験もひろゆきも恋愛もラーメンもどれもつながっているし、らくしようと思ったら連続性で要約した方が早い。

 東大に受かるかひろゆきになれるかが重要ではなく、相反するジャンルを無理やり同じジャンルだと代入すると、とんでもない裏道が生まれやすい。

 そしてそんな裏道はクリエイティブで面白い。