マルクス。

この世界なんて

マジFUCK.

 「正義」はウソ。

 「正義」はフィクション。

 「正義」は単なる階級闘争の道具。

 哲学や文学、学問というフィクションによる統治社会。

 幼稚なお子ちゃまという蟻が為政者を持ち上げ、悪は繰り返される。文系スノッブの哲学や社会学、文学、彼らの薄っぺらい正義感にビタ一ミリも感情は動かない。

無知の甘えが、

ヒトラーや毛沢東を作ってしまう。

 遊ぶだけ腹の出た男の為政者、党員が若い男女と青春を満喫して遊んだら、はい、おしまい。

 籠は閉じられて、羊たちは少数の狼に食われる。

 そして、腹の出た為政者候補の狼、つまり蟻を作るための実験場。後継者探しの実験場。マジFUCK.殆どは騙す側に回るだけ。マジFUCK.人間はブロイラーだ。ほとんどの人間に意志なぞない。決められた演劇の役者を為政者風情の役者と一緒にウソで固められた世界を続けるだけ。

 この世界はまるでオモチャ箱だ。

遊ぶ側と遊ばれる側で、ずっと出来レース。マジFUCK.自分を殺してやりたいぐらい、マジFUCK.どっちに転がっても、ゴールはない。女王蟻と働き蟻でマジFUCK.宗教なんてマジFUCK.

 どいつもこいつもくだらねぇ。真実を話したところで悪というレッテルを貼られて集団イジメをされるだけ。マジFUCK.

 「正義」はウソ。

「正義」はフィクション。

「正義」は単なる階級闘争の道具。

 マジFUCK。

 正義だとか勝者だとかそんなことに意味なんてない。

 運営者になられければ、全ては乏しい底のない世界。

 

 善悪に興味がないし、勝ったか負けたか、相手に怒ったか、そんなことは全てどうでもいい。

 ひたすら無意味なマルクス主義を誦じて、勝手に世界に希望して、勝手に世界に絶望し、一生を終える。

 バカどもが。

 くだらない、くだらない、くだらない。

 こんなくだらない所で勝利しても意味がない。

 ゲームのプレイヤーからなんとかしても逃走しないといけないよ。

 

 正義は存在しない。

 哲学は存在しない。

 文学は存在しない。

 

 ただだからこそ、あかぎ続ける行為そのものにこそ、きっと意味そのものがあるはずだ。

 こんな無意味な自分を…

君は

嗤えますよね?