自傷系Tictoker清水タクは不謹慎YouTuber坂口章ではない。ポスト宇野常寛的想像力。

早いインターネット計画。

 遠藤チャンネルに癒されたことはあるが、あまり笑ったことはない。

 安藤チャンネルに笑ったことは何度もあるが、人生そのものまでコイツには勝てないな…って才能に驚いたことは坂口章ほどはない。

 坂口章は不謹慎系YouTuberですらないのが、僕の偽らざる感想だ。

 だから、全員面白いけど、一番個人的にハマっているのは、坂口章の熱さなのだ。

 

 一見、単なる不謹慎系YouTuberたちでしょと思うかもしれないが、遠藤と安藤は冷めていて、坂口だけは熱い。

 

 ここが重要だと思っている。

 どっちが上か下かはないのだが、僕は前々から、今流行っているのが、不謹慎なだけであって、一番KYかつ一番自分がやりたいことをやっているのは、坂口章だと思っていた

 僕もそうだから、よく分かる。

 わざわざ動画編集をしたくないし受けるか受けないかを本気で自分も考えていない。だから、短期的に見るとTwitterもYouTube動画も意味不明に文脈から外れた動画を投稿して、いいね稼ぎだったり視聴者のターゲットから明らかにズレてしまうが、そんなことをいちいち気にしていないから、大当たりの動画が時折きて、一発を掻っ攫うのを狙わずに狙っている(マナル隊はどこ?やひろゆきは宗教、浅田彰など。坂口章なら、志村えんちょう死んで万歳!や指を扇風機に突っ込んだりだ)。

  なぜなら、坂口章も古田更一も不謹慎系ネタに正直、本質レベルでは興味がないからだ。

 意外かもしれないが、坂口章と古田更一が不謹慎系ネタに手を出したのは遅いし、遠藤チャンネルの後塵なのは当然だ。それに文面や動画の要約だけで見ると、遠藤チャンネルの劣化コピーであって、工夫はない。実の所、遠藤チャンネルのやり方を丸パクリしているだけであって、ただウケているし、真似しやすいから乗っただけだ。

 自分はそう思っていて、坂口章もそう思っていると確信に変わったのは、彼のティクトックである。

 ただ分身して踊ったり、水風船を食べたりと、不愉快なのは変わらないが、「不謹慎系」というフォーマットに依存していない。

 あくまで自分が動画投稿を出すか出さないかで完結している。

 その証拠に、動画投稿スピードの異常な速さがある。

 よくやめて欲しいと言われているのだが、1日に動画は10個ぐらい作ろうと思っていて、だが、マーケティングというわけのわからぬ話が介入しているらしく、制限をされている。が、その態度自体が俺本人としてはどうでもいいと思っている。こんなことたくさん作れるよ。本要約なんて浅田彰だろうと東浩紀だろう宮台真司だろうと無限にできちゃうよって。そこで視聴者から評価が最低でもいい。むしろテキトーにやっていることが重要だと思う。

 その証拠に坂口章も動画投稿スピードの遅い遠藤や安藤と異なり、異常に動画投稿をするし、明らかに不謹慎と関係ない野球ネタやグルメの写真をあげたりする。

 そこで視聴者はきっと思うはずだ。え?この人何がしたいの?って。

 答えは簡単だ。

 何もしたいとかない。

 なんとなくTwitterの日常ツイートや鶴見済を見ていたら、灼熱の太陽の中、池袋を歩いたら面白い絵が撮れるんだろうなって思ってノリで行ってきた。スベるだとかスベらないだとか何も考えていない。まずやらないというのが先行していた。

 遠藤や安藤もマジで素晴らしいけど、「不謹慎系」という概念に強く囚われているように感じている。

 そういう点で、専門家なのは遠藤や安藤でマジでそれはそれで優秀で松本人志的だけど、坂口章や俺は単なる素人芸、貴ちゃんねるず的な想像力ではないかって思っている。

 自分の批評は完全に模倣は不可能の唯一無二だと思われていると思うが、坂口章もはたから見ていて、真似しようだとか全く思えない。

 例えば、1000円札をご飯の中に入れたり、激辛ラーメンに激辛ソースを入れながらも傘を上に置いて意味不明に食べたり。俺の浅田彰と同じで、え?それ難易度の割にはコスパ悪すぎねぇか?ってのが意外と多くて、正直、坂口章は世間で言われている不謹慎よりも自傷系TikTokerだったり風呂場に覗く謎の生活感、シャンプーやリンスだったりする。

BANされる前の坂口章が大量に動画投稿していたが、その時に坂口章が真面目に今の社会を語る貴重な動画があって、引用ができない、いや引用という発想すら馬鹿にしている男が俺へ画面越しに言っていたセリフを思い出しながら、引用しよう。木村花が死んだ時の話だ。

 正直、木村花が死のうと死なないとどうでもいい。彼女の好きに死なせてやれよ。社会はどうでもいいよね。

 タバコを吸いながらそうダルそうに言っていた。

 僕もそれは分かっていて、倫理や正義感はある一方で、正直、それを世間で認めてもらえなくてもいいという冷たさがあル。そこが僕の熱さを誤解されやすいところで、熱いことは自明だが、負けるが勝ち、いつでもBAN覚悟だし、YouTuberを明日にもやめてもいいとマジで思っているから、熱さも両立している。過剰に熱い一方で、過剰に明日には忘れされてもいいと徹底的に冷めている。

 要は、熱いか冷めているかが重要ではない。

 BANされてもいいか不謹慎を捨てられるか哲学を捨てられるか、徹底性が重要なのだ。

 そういう点で、坂口章の動画には必ず「シャンプー」が欠かせない。

 生活実感、プラグマティズムが欠かせない。単にノリでやってしまいましたっていうのが隠せない。だから、自傷系TikTokerという今までと180度逆の方向をやりながらも、不愉快さは健在、むしろ日常ツイートの欺瞞性を暴くようなスタイルに方向性を変えている。

 そう。

 坂口章や僕がやりたいことは、「不謹慎」ということそのものではない。

 常識を壊すこと、生きていることそのもののリアリティーを素で茶化すことが直感的になっている。

 が、特に坂口章がそうだが、理論レベルではなくて、むしろ直感、資質で行っているため、完全に真似をするのは不可能だ。あくまで自由を教えてくれても、それを自分なりにカスタマイズすることが重要になってくる。1000円札をご飯の上に置いたり、理屈でその面白さや発想を学べばいいだけであって、そのものを完全コピーは不可能なのだ。僕もそれはできないのだから。

 

 ただ、ここで重要なことは、完全コピーは不可能と同時に、君たちは遠藤チャンネルや安藤チャンネルになれなくても、坂口章や古田更一にはなれてしまうということだ。

 え?どういうことだって?

 実は、不謹慎というゲーム文脈で戦うか、それとも、個でゲーム文脈に乗るかという違いがそこにある。

 坂口章や古田更一自体にはなれなくても、2人の出したアプローチの結果ではなくて、ああ自分の言葉で語るだけでもコンテンツって量産できるのかというコンテンツの逆転の発想を教えてくれるのだ。

 貴ちゃんねるずの本にも同じことが書かれていた。

 いつか終わるぞっていつも言われていたけど、そもそもがネタがないところが始まっているから強いんですよ。

 石橋貴明あたりが確か言ってた。森博嗣も同じことを言っていた。

 だから、坂口章や古田更一、石橋貴明、森博嗣自体にはなれなくても、彼らが行う過程の素人芸はかなり誰でもできる。

 一方で、遠藤チャンネルや安藤チャンネル、松本人志は、一見良い意味で計算されていてこれもマジな意味で安全に消費できる理解し応用できるところもあって、僕も坂口章も採点や死んでバンザイ!の構文は真似させていただいた。

 が、ここで罠なのは、理屈や暗記に頼るインテリ的手法は、意外と努力家だったり真面目な人だったり温厚な人じゃないとできない。

 だから、遠藤が一番ヌルくて中身がないように見えて、実際そうだと思うが、それでも皆が真似できないのが、絶妙なバランスで能力の低さを維持できるところだ。松本人志もそうで、「緊張と緩和」という言ってみれば単純なロジックでしか行っていない。が、毎度、低エネルギーでコツコツと死ぬまで続けていくことができるのか?となると、他のお笑い芸能人ではできないのだ。たまには緊張と緩和以外の構文を使ってみたいよって思う。

 これは、受験英語では言えば、伊藤和夫派なのか太庸吉派、表三郎派なのか、という違いだろう。当然、僕は後者であって、模倣はしづらく反復不可能でも、後者の方にこだわりたい。

 極端に洗練した鋭さそのものか極端に尖ったバラバラの鋭さか。

 この違いが、遠藤や安藤、そして、坂口章の違いを示している。

 だから、へずまりゅうも面白いが、坂口章とは似て非なるものだ。

 僕もそうだが、ダルいことはしたくない。

 わざわざ外に行くの基本的にダルいし、動画作成時間はどれだけ失礼なことを間違えて言っても短く作るスピードが重要だ。わざわざ現実のお店でバカと喧嘩するだとかは意外にもゴメン被るのだ。

 この理由が、坂口章も僕も石橋貴明も基本的に「コメントにキレている」ということだ。

いやブチギレているのかもしれない。

 安藤や遠藤、よりひとは自分を芸人だと思っているから、コメントにキレることはないし相手にしないが、単に暇つぶしでやっているという体が僕たちにはあるため、コメントに噛み付くのは日常茶飯事だ。

 自分を芸能人だからとキャラ化できたら、大丈夫で、基本的にはそのように坂口も僕もしているが、

そこでキャラ化したからコメントを無視しましょうという態度を取ることはあまりない。

 だから、ひろゆき宗教動画では徹底的に揚げ足を取ってくるコメントたちを毎日論破することにしている。真剣に俺のことを批判するコメントを書いているのだから、こちらからコメントを同じコメント欄の土俵から戦うのは当然。それでジャッチが負けてもいい。いや、負けるが勝ち。どっちに転がってもどうでもいいのだ。

 最後に、TikTokに写ってから自傷行為という逆張りの逆張りに走る坂口章のスタイルは、そもそも不謹慎だとかはどうでもいいのだ、それよりも、爆発のエネルギーの方が重要だと指摘している。

 そして、坂口章動画の面白いところは、全く計算のできない転がっているシャンプーや米といった動画の趣旨を壊すような生活感の侵入である。

 だから、坂口章は意外と飯にこだわっている。

 思想としてのグルメ、飯にこだわる人間は、プラグマティズムだ。 

 へずまりゅうと比べると、実はそういう意味では、坂口章は繊細だ。まず自分の快楽を優先するのであってへずまみたいにマジの意味不明に再生回数を狙って視聴者を喜ばしても、自分自体があんなにお店というガチで捕まるまではしたくない。不愉快度では同質でも、へずまは良くも悪くも根が素直すぎるため、魚の切り身という坂口より不愉快度が小さいはずだけど捕まるという、一回りして面白い不謹慎を超えた違うユニークさ、爆発をそこに見せつけてくれる。

自傷をしようとも、人を不愉快にさせる点で、以前に動画の印象がより最悪であることは変わらないし、筆者自身ですら呆れているレベルだが、坂口章は

「明日動画投稿をやめてもいい」

 っていうヤケクソの自由がそこにある。

 過剰な動画投稿のリズムは確実にノリなのであって、完全なマネは不可能でも見ている人に自由を感じさせてくれて、なにかしらのヒントは示唆してくれる。

 このめちゃくちゃなオプティミズムを肯定すること。

 そして、ちゃらんぽらんに生きることそのものをどうにか肯定させてもらうこと。

 坂口章は人生そのもので、他人のゲームではない、典型的な自分のゲームの典型例だ。

 だから、彼は不謹慎系YouTuberではない。日常系YouTuberと見なすべきだろう。

スーツ背広に近くて、遠い存在だ。

 なぜなら、スーツ背広と同じ題材を扱いながら、視聴者を不愉快、いや、クソゲーな日常のだるさを提示するのが、坂口章の時折見せるスベっている感の大量動画だからだ。考えてはいても、遠藤や安藤ほど計算をしていない。いや、計算自体を否定している。もちろんどっちが上か下かでは、ない。僕にしか坂口章の謎は解けないと思ったからだ。で、書いている。

 

 坂口章の最大の面白さ、教訓、批評は、彼自体が面白いなと思っても、「そのものを真似をするな」ってことなのだ。

 そうではなくて、「あ、私もこんなに自分の言葉で頭に汗かいたり自分の手足でもがいていいのか」っていう能動性を促すことの方が重要だ。だから、坂口章は結果としては安心させてくれない。が、過程や日常に置いては、きっと一生に渡り役に立つクレバーなパーフォーマーなのだ。

 同じ哲学者でも柄谷行人には柄谷行人論がある一方で浅田彰論はほとんどない。

 同じお笑い芸人でも松本人志論はある一方で石橋貴明論は論理的な体系があまりない。

 この両方の良さを肯定するという意味で、坂口章、いや清水タクという不謹慎の対極、自傷系TikToker清水タクは不謹慎系YouTuberそのものへのアンチ、批評だったのである。

 ああはははははははははははははははははははははははhあっはははははっはははははははははははははっはははははっははははははははははっ母あはははははは母11!!!!!!!