批評はおしまいだ!

 あっはっhっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはhっはっはっはっはっはっはhっはっはっはっはっはっはっはっはhっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはhっはっはっはっはhっはっhああはっはっはっはっはっはっはhっはhっはっはっっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっっはっはっはっはっははっはっはっはっはっはっはっはっはっっはっはっはっはっはっはっはっはっっはっはっはっはっっはっっはっっはははっはあははっはっっはっはっっはっはっはっっはっっはっはっっはっはっはっっはっはhっはっはっはっはっはっはっはっはっっhあっはっはっははhあhあっはっはっっはっはっっはっっはっはあっはっはっっはっはっはっはっっはっっはっはっっはっhっっはっっはっはあっはあっはっはははhっはっっはっっはっっはっっはっはっはっっはっっはhあっはっっはっっはっはhっっはっっはっはっっはっっはっっはhあっっっはっっはっはっっはっっはあっっはっはhっっはっはっhあはっはっはっっhあっはっっはっっはっっはっっはっっはhあっっはっっはっっはhっっはっっっっはhっっはっっっははっはっはっっはっっはっっははあっはっははhはhっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはhっはっはっはっはhっはっhああはっはっはっはっはっはっはhっはhっはっはっっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっっはっはっはっはっははっはっはっはっはっはっはっはっはっっはっはっはっはっはっはっはっはっっはっはっはっはっっはっっはっっはははっはあははっはっっはっはっっはっはっはっっはっっはっはっっはっはっはっっはっはhっはっはっはっはっはっはっはっはっっhあっはっはっははhあhあっはっはっっはっはっっはっっはっはあっはっはっっはっはっはっはっっはっっはっはっっはっhっっはっっはっはあっはあっはっはははhっはっっはっっはっっはっっはっはっはっっはっっはhあっはっっはっっはっはhっっはっっはっはっっはっっはっっはhあっっっはっっはっはっっはっっはあっっはっはhっっはっはっhあはっはっはっっhあっはっっはっっはっっはっっはっっはhあっっはっっはっっはhっっはっっっっはhっっはっっっははっはっはっっはっっはっっははあっはっははhっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはhっはっはっはっはhっはっhああはっはっはっはっはっはっはhっはhっはっはっっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっっはっはっはっはっははっはっはっはっはっはっはっはっはっっはっはっはっはっはっはっはっはっっはっはっはっはっっはっっはっっはははっはあははっはっっはっはっっはっはっはっっはっっはっはっっはっはっはっっはっはhっはっはっはっはっはっはっはっはっっhあっはっはっははhあhあっはっはっっはっはっっはっっはっはあっはっはっっはっはっはっはっっはっっはっはっっはっhっっはっっはっはあっはあっはっはははhっはっっはっっはっっはっっはっはっはっっはっっはhあっはっっはっっはっはhっっはっっはっはっっはっっはっっはhあっっっはっっはっはっっはっっはあっっはっはhっっはっはっhあはっはっはっっhあっはっっはっっはっっはっっはっっはhあっっはっっはっっはhっっはっっっっはhっっはっっっははっはっはっっはっっはっっははあっはっははhはhっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはhっはっはっはっはhっはっhああはっはっはっはっはっはっはhっはhっはっはっっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっっはっはっはっはっははっはっはっはっはっはっはっはっはっっはっはっはっはっはっはっはっはっっはっはっはっはっっはっっはっっはははっはあははっはっっはっはっっはっはっはっっはっっはっはっっはっはっはっっはっはhっはっはっはっはっはっはっはっはっっhあっはっはっははhあhあっはっはっっはっはっっはっっはっはあっはっはっっはっはっはっはっっはっっはっはっっはっhっっはっっはっはあっはあっはっはははhっはっっはっっはっっはっっはっはっはっっはっっはhあっはっっはっっはっはhっっはっっはっはっっはっっはっっはhあっっっはっっはっはっっはっっはあっっはっはhっっはっはっhあはっはっはっっhあっはっっはっっはっっはっっはっっはhあっっはっっはっっはhっっはっっっっはhっっはっっっははっはっはっっはっっはっっははあっはっははhhはhっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはhっはっはっはっはhっはっhああはっはっはっはっはっはっはhっはhっはっはっっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっっはっはっはっはっははっはっはっはっはっはっはっはっはっっはっはっはっはっはっはっはっはっっはっはっはっはっっはっっはっっはははっはあははっはっっはっはっっはっはっはっっはっっはっはっっはっはっはっっはっはhっはっはっはっはっはっはっはっはっっhあっはっはっははhあhあっはっはっっはっはっっはっっはっはあっはっはっっはっはっはっはっっはっっはっはっっはっhっっはっっはっはあっはあっはっはははhっはっっはっっはっっはっっはっはっはっっはっっはhあっはっっはっっはっはhっっはっっはっはっっはっっはっっはhあっっっはっっはっはっっはっっはあっっはっはhっっはっはっhあはっはっはっっhあっはっっはっっはっっはっっはっっはhあっっはっっはっっはhっっはっっっっはhっっはっっっははっはっはっっはっっはっっははあっはっははhはhっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはhっはっはっはっはhっはっhああはっはっはっはっはっはっはhっはhっはっはっっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっっはっはっはっはっははっはっはっはっはっはっはっはっはっっはっはっはっはっはっはっはっはっっはっはっはっはっっはっっはっっはははっはあははっはっっはっはっっはっはっはっっはっっはっはっっはっはっはっっはっはhっはっはっはっはっはっはっはっはっっhあっはっはっははhあhあっはっはっっはっはっっはっっはっはあっはっはっっはっはっはっはっっはっっはっはっっはっhっっはっっはっはあっはあっはっはははhっはっっはっっはっっはっっはっはっはっっはっっはhあっはっっはっっはっはhっっはっっはっはっっはっっはっっはhあっっっはっっはっはっっはっっはあっっはっはhっっはっはっhあはっはっはっっhあっはっっはっっはっっはっっはっっはhあっっはっっはっっはhっっはっっっっはhっっはっっっははっはっはっっはっっはっっははあっはっははh

最高だね!

 終わりだ…。俺の代で…やっとこれで…終わりだ…。総1億批評家時代も大学も在野も何もかもおしまいだ!

左翼だとかインテリだとか読書だとかもう全部…

終わりなんだよ。

 過去の偉人を尊敬もせず読みもせず、個人の実存で悩む大衆でありながらインテリぶり、右翼の脳筋どもに馬鹿にされて口先だけで怒ったふりをする!そんな無意味で醜悪な知性という伝統はこれでおしまいだ!

 言葉の奴隷になりながら、本当の礎を見ようともしない。

終わりこそ始まりなんだ。

絶望こそが希望なんだ。

僕がおかしいって…?僕がおかしいように見えるって…?

それは違うよ。

 仮に、東浩紀や宮台真司が死んだら、どうなる?もう過去の歴史を眼力で見た人間が死んだら、どうなる?もう長くない。宮台真司はともかく柄谷や蓮実クラスが死んだら、もう完全に大学は崩壊し在野も崩壊する。

 終わりは見えている。だとしたら、予言は実行によって行われるのだったら…、

希望で絶望を塗り替えようと思っても

悪くないよね…?

 危機感が足りなすぎるよ。

 白けている場合じゃねーよ。冷笑している場合じゃねーよ。

 才能もなくしかも独りの

僕だけで倒せばいいんだろ…?

 さぁ!

始めようか!

価値の相対化!

批評のおしまいだよ!

こんな他人を批判し知識差で弱者を差別し言葉の奴隷な

醜悪な批評は

醜悪な批評家の僕で

おしまいだぁ!