【危険な洗脳装置ツイッターの使い方】洗脳者たちと闘う宮台真司さんや時田ロルフさんの優しさに泣きそう😂

 本当に冷たい人は

そもそも何も呟かない。

 身も蓋もないけど、ブログよりも短い文章かつマクロすぎる政治とミクロすぎる哲学、菅が馬鹿だの、自分の人生は高学歴だけど不幸で鬱病だの…が流れているTwitterは全部ほぼ

感情論だ。

 なので、そもそもそんなのはフィクションなんだよ、貴方が勝手に脳内で作った錯覚なんだよ…って究極的には済む話だ。いや、なぜなら、彼らは腐っても学問的な話、理屈や統計を駆使して話しているのだ。

どうして理屈でこんなに話していると彼ら彼女らは息巻いているのに、喜んだ顔をして

アイツは悪だぁ!だとか

ボクは不幸だぁ!

って大きな声で言い合っているんだろう。

 というわけで、YouTuberの偽善性を叩いたのと同じ文脈で、Twitterの高学歴層?は冷笑ぶっているものの大半が感情論だし、そうだよと開き直っている。

 じゃあ演技で悪を改善したいフリばかりしているだけなんだから、演技は演技でマッタリやっていてくれって気がしちゃう。

 もちろん全員じゃないしフォロー対象は全く除外されているが

演技が演技だと見抜けない馬鹿なTwitterユーザーを騙している点では彼ら彼女らは本当に軽蔑に値すると思っている。

 警告する。

twitterの理屈こそ感情論だ。

twitterの統計こそ感情論だ。

twitterのインフルエンサーは不幸じゃない。

不幸なフリをするクズに気をつけろ。

何も排外的になれと言っているのではない。演技がいつか演技じゃなくなる危険性を指摘しているのだ。彼らの感情論の嘘が積りに積もってポスト・トゥールスになっていて、

本当に感情的にピンチで辛い人々や本当の鬱病や本当の健常者たちがむしろ居場所を失ってしまう可能性があるからだ。

本当の弱者はそもそもメディアで日本語を上手く操る力もないし、そんな演技能力だってない。だから、弱者なんだよ。そういった偽の学問が運びるtwitterで

俺は情報収集をほぼしていない。いや、しているが、今の政治的な状況を把握するために行っている。「あえて」をかなり意識しないとかなり厄介なメディアだと思っている。特にマスの川の流れの方はあまりに危険なのでどうしてもYouTubeよりもディフェンシブに良い意味でフォロワーで浄化する方向へ動いてしまう。一見、冷笑的な批評系YouTuberと乖離しているように見えるが、根源的に冷笑するためにはまた一捻りして仲良くするしかないし、それで微々たるものだが見える範囲ではかわを浄化するしかないという結論になっている。安全度で言えば、意外とYouTubeの方が安全かもしれない。YouTubeは偽善が流行っているが、一応は素直だが、Twitterは悪い意味で冷笑が流行り、いい冷笑もいるけど、ここの線引きが凄い難しい。

偽善には、冷笑を。冷笑には、偽善を。これが鉄板である。

 ってわけで、まあ「フォロワーのアイデアはかなり参考にして役に立つからよく見ているけど」、twitterの川の流れで一番人気なものは本当に危険すぎるのでたとえインフルエンサーだろうといやだからこそ無視している。

 俺がなぜラノベ好きやエロ漫画好きをフォローしているか?

 Twitterの言説は理屈こそ危ないからである。

 Twitterの使い方には十分気をつけろ。

インフルエンサーには騙されるな。

弱者に騙されるな。

冷笑に騙されるな。

 弱者と冷笑が悪いのではない。

本当の弱者や冷笑とは何なのか?をゆっくり考えるためにー。