【若者介護の時代】有名人という友奴隷になるより、金払って支える非有名人の方が楽で楽しい。

 有名人は

単なる社畜

なんですよ。

 俺は心底YouTuberをやりたくないし静くんが未だにやりたくないのは、

有名人になると

損する事が大きいからだ。

 アイデアを考えたり執筆したり分かりやすく伝えたり心寂しく身勝手なクズに対して優しくしてあげたり、

若者介護と

変わらないのだ。

 老人と違って、若者でインフルエンサーにあまりに依存する奴らは、身体が衰えているからクズなのではなくて、自ら思考せず性根が腐っていたり周りから嫌われているからクズなのだ。有る種、老人の介護の方が愉しい。

 ヒカキンになりたいなら、

クズを友だちに

すればなれる。

 女なら、簡単な売春婦になれば有名人になれちゃう。

 これでいて殆どが無料労働が、YouTuberである。

 改めて有名人になりたいという欲望は正気の沙汰じゃなく気が何かしらおかしくないと始まらない。

 もしくはヒカキンはある意味で聖人かもしれないし、ヒカキンは俺も聖人だと思うので、本当に信用できるインフルエンサーへむしろ絞る時代へとスライドしている。

量から

質へ。

 逆にいうと、投稿者の諸君は本当に重要だと思えば、YouTuberやインフルエンサー、批評家をむしろサポートするべきだろう。

 無料でノーリスクでずっといられるただのファンはいてもいなくても変わらないからだ。もちろんわざわざ支援する必要もないだろう。

 学校や家族、会社で承認が満たされていたら、もうやることはない。

 だか。カオスフォレストは批評の未来という承認とはややズレた若手最西端のフロンティアとして開き直ることにした。

 いいねもいらないし

 わるいねすらいらないのだ。