人生はわりと偶然の連続

 僕は中3のときに科学哲学にハマり、ファイアアーベントやノイマン、パスカルも割と好きだったが、

 彼らに共通するのは理屈過ぎて

 割とちゃらんぽらんで杜撰なところだ。

 彼らは誰もが理屈の徹底によって、理屈じゃどうにもならない部分を深く自覚している。

 なので、なんくるないさーと毎日割と雑に生きている。

 ボケーとしているのだ。

 たとえば、大学を卒業してから歌手や声優を目指しましょうねら、安定型だろうと不安定型だろうとどっちみちハイリスクだ。

 日本人の半分以上は偏差値50以内だし統計的話により日本人の半分以上は日本語をしっかり読めないし、読書なんてなおさら少ない。

 そして、受験勉強能力と歌手や声優に相関関係は少なく、どっちもできる人もいればどっちもできない人もいるので、個別の問題だし能力の優位が本人の幸せに直結しているかは分からないし、

 割とどっちを踏んでもどうにかするんだ

 というギャンブル力がかなり大事だと思っている。

 勉強もスポーツもまったく根源的には興味がなく、現代人が好きだからやっているだけだ。戦時中の軍隊教育時代なら戦闘が問われていただけだ。

 ただ戦時中には戻りたくないので、割と相対評価はいい加減でいいと思う。

 僕は中途半端な若者なので分かるが、今のSNSブームは単なるブームにすぎす、過剰に適応するのは本当にバイアスだ。

 信じられないかもしれないが、僕がもっと若い頃は、カネ稼ぎしたり反社会的であることが社会的なんだとホリエモンやひろゆきが唸っていて、起業するのがカッコよくてサラリーマンはダメ!という空気があった。

 その空気の良し悪しを言っているのではなくて、ワガママではなくて、自分がどうしたいか?がまず先で、その後に世論に合わさないとどうにもならないと思う。

 社会は大事だが、社会はわりといい加減、無責任だということを忘れちゃいけない。

 宮台真司も80年代はリア充文化、浅田彰がブームでこんな時代じゃデビューできないし世直し不可能だと諦めて、テレクラ通いであえてマイナーだったらしい。

 大事なことは、80年代の売れない宮台真司のテレクラ通いがあったからこそ今の宮台真司の成功や生きがいがあるということだ。

 いちいち1度負けたからといってクヨクヨする必要はない。

 もちろんクヨクヨして当然だが、社会は割といい加減なので、いい加減な世界に適応しすぎるのもかなり危ないということなのだ。

 私の通っていた特殊進学校は中学時代から大学院レベルの社会科学を英才教育させられたが、未だに社会人になっても中学のカリスマ教師に依存している方々もちらほらいると言う。

 東大以外の人間は人間ではないという話もマジでよく聞かされていて、

 結局、正しい答えが本当に本人にとって正しいのか?は全く別なのだ。

 博士課程までいけない自分にクヨクヨしながらも、一方でどうやって博士課程へ行けない自分で博士課程クラスになるかならないか考えるべきだ。

 僕は大学1年目から美術批評でトップクラスの業績を出した。

 ソシャゲ逆転オセロニアの批評だ。

 大学院まで行く方なら分かると思うが、先行研究はたくさんあるしいかに教授が埋め尽くしたポストのスキマを作るかが重要になる。

 僕は大学院まで行く気がなかったのは、関心ジャンルがFateやひぐらし、逆転オセロニアというもう大学では受けないジャンルだし美術批評自体がそもそもあまり需要が少なすぎるので、

 これなら逆転オセロニアを作ったDeNAのプロデューサー自体に読んだり話せたらいいなと思ったのだ。

 で、実際に会ったし凄かった。

 僕としては人生で一番クラスに満足できた経験だったが、社会に基準を合わせる人はこういう幸せを甘受できないし、想像できない。

 ちっぽけかもしれないが、じゃあ本当の先行研究とは何だろうか?

 たまたま逆転オセロニアはプロデューサーに会えたが、会わないだろうが浅田彰批評は書いているし、宮台真司を批判しまくっていたのに宮台真司から謎絡みされる自体もあったし宮台真司好きからもカオスフォレストは不思議と人気というわけのわからぬ話もある。

 成功とは何か?みたいなのは自己啓発じみた虚言は社会に出る前で卒業するべきだ。

 社会にまだ出ないからこそ、学校ではいかに社会化したふりを努力する方が大切だ。社会よりもぬるい嘘の世界だからだ。

 だけど、社会に出たら今度はあまりに社会化されるので社会化は大事だからこそ、いかに社会化されないかが重要だ。

 成功とは何だろうか?のような哲学じみた問は暇なときにやるべきで病気になるなら東浩紀ほどかくごをもってやるべきだ。

 覚悟がないうちは、大学の名前だとかそういったゲームは一旦忘れないと、社会の複雑性に食われてしまう。

 社会は選択肢が学校よりたくさんあるので、そのぶんダラダラしないといけないしハラハラしないといけない。

 社会の偶然性は偶然だから結局のところ難しいのだという当たり前の話になるが、当たり前を当たり前に自覚するのは割と大事な気がする。