闘争する輝かしい未来

 男たちがついに闘いだした!

 うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 ドンッ!ドンッ!ドンッ!

 家庭から!あるいは女から!

 あっはっはっはっは!!!

 どっちにしたって素敵じゃあないか!

 偽善な優等生も冷笑な不良も(同意表現なる表現リレー)お互いにどんぐりの背比べなるプロレスをしているぐらいなら、意識高く闘った方がずっとカッコいい!表面的な勝敗なんか知ったことか!とにかく、闘え、闘え、どこまでも、だ。

 この大変化、巨大なパースペクティブを舐めちゃあいけないよ。これから先に重大な変化になるだろう哲学のパラダイム・シフトが展開されている!この強大な、ああ!あまりに強大な!大変換を説明しなければならない!

 ここで、まず重要なタームは、

 日本には、学問なんて、一ミリもない。

 っていう圧倒的な茶番すぎる事実なんだ。

 哲学書は燃やせ!

 哲学書は燃やせ!

 哲学書は燃やせ!

堕落せよ!堕落せよ!堕落せよ!

 SNSもー、やめていい!

 そりゃあそうだ!西洋の文化を輸入した大学というプログラムで俺たちはすくすくと近代化をしてきた。だけど、大学の授業なんて愚鈍な不良にもスマホいじって、もしくは愚鈍な優等生的にただテスト暗記をひしひしとやるだけさ!(同意表現なる表現リレー)

 大学の授業が本当につまらないのは当然のこと!だってだって、西洋の借り物なんだもの。抽象論の非実践性。いくら論理的に正しくて使えるって至って、プラトニズムやキリスト教の教えを世俗した西洋の発想なんて無理があるのよね。論理的に納得しようにも、スタイル、感性が拒絶反応を悪い子ちゃんも良い子ちゃんも行っているわけ。だから、空虚でゲロ吐きそうなのは当然のことなのさ。この西洋近代主義に乗っかっている時点で、西洋人に一生勝てないルサンチマンなのはお忘れなく。

 じゃあここで、西洋へのルサンチマンから近代捏造された右翼、アジア主義とか言うのも、ちょっと気味が悪い。だってだって、

 コカコーラーと

ソーシャルゲーム、

ポテチ、

美少女が大好きでしょう?

マッチョな保守だってネットフリックスとマックを離せないはずだと思うのだ!

消費社会を極限まで肯定せよ!差異を肯定せよ!

そして、今は

個性経済学

が台頭しているのだ。

どこまでも忠実に消費社会を肯定し、そして!情報社会、SNSの自由さを肯定するべきなんだと思うのよね。

 肉体は自粛していいけれど、

魂まで自粛すんなや。

 俺たちは今、重要なチャンスに立っている。

 SNSからは総100億批評家時代が到来した。総100億ツッコミ時代。みんなが気軽にコメントを書いて書いて、他人を簡単にテキトーに批判できちゃうわけだ!が、だ。逆に考えてみたらどうだろう?そんなケーキを切れない非行少年たち未満、日本語もよく読めない書けないし、いいね悪いねに依存して群れる雑魚どもに、どうしてわざわざ萎縮する必要があるというのだろう?

 炎上を恐れるな!

 差異を解放せよ!

 馬鹿馬鹿しいことには、しっかりと馬鹿馬鹿しいよねと

当たり前の

当たり前を

当たり前に

言う、行うことが重要になってくる。

 こういう姿勢を消費社会、そして情報社会を大予言した今の日本の本当の源流思想、太古のアメリカ哲学でいうプラグマティズム(実務主義)っていうヤツだ。

 偽善者と不良が愚鈍なのは、こうした目的と結果の視点、わざわざ消費社会&情報社会という折角の若者特権で、この近代合理に塗れた社会を簡単にドライヴできるのに、自らプラトニックにシュタインズゲート、選択肢を捨てちゃうことなんだ。まあまあ良いことも言っているけど、マルクス主義なんてわざわざ持ち出す必要もない。なんたって俺たちにはポテトォ〜とvtuberがいるんだからね!島宇宙を加速せよ!むしろ弾けるようなシンクトロン!島宇宙を徹底し、島宇宙の壁を突破せよ!まだ見ぬ未知の道、シュタインズゲートの選択へ!

 プラグマティズムをアメリカ全土に広めた心理学者ウィリアム・ジェイムズは伝説的著書『プラグマティズム』でこう言っていた。プラトン的な西洋哲学の論理こそ愚劣で劣った発想なんだと。

 有名な一説がある!

 ジェイムズと友達の哲学友達が山へ遊びに行ったらしい。

 そうすると、ある木をリスが横へグルグルと一回転したとのこと。友達たちは大騒ぎ!

リスが木を回ったのだろうか!?

それとも

木がリスに回されているのだろうか!?

どっちが正しいの!?どっちが正しいの!?どっちが正しいの!?

丁度いいや!偶数の哲学友達たちは多数決で半々に別れて、最後の投票権を行使するジェイムズへ聞いてみた。

「目的と結果が大事だろう。深く考えていて完全なる答えに依存しようとする方こそ、意識が低くてダサい。リスが主役と考えた場合は、リスが木を回っているだろうし、木が主役と考えた場合は、木がリスに回されているだろう」

こうジェイムズが言うと、その通りだな…と、蜂の子を突いたように騒いだ哲学友達たちは静かになって頷いたという。

 おっと!冷笑家ってわけじゃないぜ!ちゃんとゴール、課題設定をしっかり決めないイデア(観念)じみた話をしても埒が明かないし、最終的に無理があるってことなのだ。そんなら、ちゃんとその時その時のゴール、目的と結果はちゃんと決めた方がいい。当たり前だけど、この当たり前ができないのが、今までの日本だ。

 大学へなぜ進学したのだろうか!?

 そんなの皆が行っているし、就活するに決まっている。そりゃそうだ。じゃあ一貫して巧く手を抜けばいいし、大学の学歴なんかにそこまで拘泥する必要もないだろう。でも、中途半端な自意識、イデア、観念の宗教じみた西洋哲学に駆られていると、海外へ行ったこともしっかりと文献を読む癖もない癖に、中途半端に受験をヒィーヒィー言いながら、頑張って、大学へ入ったぐらいから、今更、法学書なんか読んで、「むむ…。深いな…」って言ってんの。それだから、

受験の面白さが分からないんだよね!

 遊戯としての受験勉強

 俺の周りは東大や慶應医学部志願者とか目指していたヤツラたくさんいたけど、みんながみんなが数学オリンピックに毎度名前が載っていたり、文系だからこそ微積分できるヤツとか、ひろゆきに憧れて、ロジカルリィーデングをしまくって国際教養系へ入っちゃう奴らだらけだった。もちろん!数学野郎は、英語や現代文はてんでダメで、文系で微積分解くって入試だけならコスパ悪いこともあるだろうけど、いいじゃない!

 受験の結果如きなんて、

超越している。

 しっかりと学問がしたい〜!

 プラグマティズム、目的と結果がしっかりとしているから、いちいち合否程度でメソメソしないし、浪人後でも割り切ってクソつまらない単語暗記やら彼らできちゃうのよね。むしろ合否の二元論に囚われている方が、強迫観念症的にアイデンティティ・クライシスを起こしちゃう。建前の学部進学なんかしちゃうもんだから、入学した後が、もう大変。「ボクってナニ…?」ってね。知らないよ!笑。ドント・フォロ・ーミー!「着いてくるなということに着いてこい」。これじゃあ単なる西洋近代という制度の順々なる奴隷だよね!厄介なのは、もう20代まで西洋近代の宗教へずっとずっと依存しちゃって、必死になって積み上げて、勝ってきたもんだから、自己正当化に必死なわけ「こ、この…教科書には崇高なる意味があるのです!」あるわけないでしょ笑。ま!そんな非リアすぎる灰スクールスチューデントがいないことを切に願う!

 さて、もう西洋合理主義に囚われていた

 受験勉強からも就活からも解放される時がきた!

 闘争だ!闘争だ!うおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!

 ここまでの論点をまとめると、2つなるコピーライトの対立項で分析できる。

イデアとプラグマティズム。

 安心して欲しい!日本の愚鈍な教科書暗記の皆ちゃまは分からないと思うけど、西洋合理主義の権化、ドイツでもこの考えはお墨付きを貰っている!新実存主義のカリスマ的ヒーロー、マルクス・ガブリエルだ!

 プラトニズムから今に至るポストモダンは共依存関係にある!

 要するに、完全なるイデア、観念の骨董無稽な明るすぎる理想主義とあまりに現実主義的で暗〜い屁理屈な冷笑主義、ポストモダン、イデアの成れの果ては、どちらも目的と結果、プラグマティズム、実存、根源的にどうしたいのか?完全なる理論はあくまで答えではない!という当たり前の当たり前のあたり前田のクラッカーが欠けていた!

 優等生的な古文漢文がいるかいらないかって、

いるわけねーだろ!wwwwwww

でも、同時に、そんな冷笑家は大学でただ単位だけ欲しい恥ずかしい馬鹿丸出しを賢いことだって開き直っているのよね。

 いや、アンタらも二流の現状維持に開き直っている

 単なる雑魚でしょうwwwwwwwwww

こうして、お互いの極論、あまりに理想すぎるイデアとあまりに現実すぎるポストモダンの共依存関係は、永遠に終わることのない論争を生むのだった。

 こうして今の若い子たちが、過度な理想と過度な現実の更なる良いとこどり、キメラ、圧倒的無関心で他人を処理しながらも、SNSで毎秒つながっていたいという短期的な浅はかな目的主義に堕ちっている。でも!これは長く続かない。だって、本当に無関心なら、SNSは一才やらないし、本当に善人だったら、今まで頼ったインフルエンサーが亡くなったら、めっちゃめっちゃ!後悔するもんね!

 本当の目的と結果を思い出せー。

 本当は本当の親友も欲しいし、本当の恋人も欲しいはずだし、もしくは、本当は他人へ良い顔するぐらいには親友も恋人もいらないかもしれない。

 悪い意味で自分に嘘をつくから、完全なる答え、西洋合理主義、イデアの観念で発想するから、合理的な愚か者、自分で自分の目的と結果を見失っている。

 さぁ!

闘え、闘え、闘いあえー。

 超不細工な星野源がモテモテなる日本一の歌手で、中身がないヒカキンが日本一のカリスマYouTuberで、一ミリもSNSをやらない最強なる不人気者の浅田彰(兄貴)、言ってはいけないことを言っちゃう不人気者の橘玲(次男)、アカウントがすぐにBANされる不人気者の坂口章(末っ子)、AKIRA三兄弟は俺様のサーヴァントだぁ!

 情報商材ならぬ情報社会をありがとう!(ヒカルじゃねーよ笑)。

 炎上なる火の粉が嵐を起こしながらも、その言葉、その言葉には魂がこもっていない!言葉の自動機械ならぬイデアのロボットたちの間をすり抜け、無関心SNSという自己矛盾で抑圧的になったロボットたちも間も駆け抜ける!おお!そこに見えるのは、生身の言葉!目的と結果の伴った

本当の!本当の!本当の!

 この人生はー、

リアルだー。

 イデアの行き着いた先にある思考停止なるポストモダンで無関心SNSになっているのなら、馬鹿馬鹿しくオワコンだらけのハリボテのセカイの裏側を跳ね回ってみたらどうだろ?

闘争せよ!

闘争せよ!

闘争せよ!

 思想としてのグルメー、総100億批評家時代へ大炎上の馬鹿馬鹿しい時代だったら、

 ジャガイモをムシャムシャ食べるコミュ障じみた鈴木祐だって批評家だぁ!

真剣なら、キムチも批評だ!

真剣なら、ラーメンも批評だ!

真剣なら、鼻くそも批評だ!

大事なことは、真剣に考えているかどうか、目的と結果、真の実存、プラグマティズムなんだから、ね!

差異を解放せよ!

身体は自粛しても、

魂までは自粛するな!

 LGBT、LGBT、東大大学院風情キャラ、自分たちの狭い恋愛関係がもつれていることを世界、社会問題へとすり替える愚鈍なる馬鹿どもが差異を解放せよというのなら、ヘテロ、男こそが!真なる男こそが!ナヨナヨした女じみた無関心SNSな若者たちよりずっとカッコいいー。

 闘争せよ!

 闘争せよ!

 闘争せよ!

 分かり合った気にさせる言葉のLGBTよりも、真なる男の果敢なるリスクを背負った上での差別の方がよりカッコいいし、信用ができる。ここで言う男っていうのは、単なるたとえのキャラのことだぜ!むしろ!今は性欲にムラムラした女の子の方が男らしいということをお忘れなく!少子化だぁ!少子化だぁ!って騒ぐのなら、コソコソと不倫をして、嫉妬で叩く、二元論に囚われているぐらいなら、LGBTも女も、男らしく堂々と喧嘩したらどうだろう!?意外とそこから恋愛が発展するのは、ツンデレよろしく、御坂美琴と上条当麻の関係、いや俺様の恋愛関係からもお忘れなく!

 生きろ!

 生きろ!

 生きろ!

 人間ー、人の間と書いて、人間と言うらしい。じゃあ下手に小手先をやるより複垢をやるより、素直にブロック、素直に本は捨てたら、どうだろ?

 走れ!走れ!走れ!

 魔法科高校の劣等生、あまりに最強すぎるから「学校内では」劣等生なお兄様は美少女なる妹からはモテモテだぁ!魔法の世紀、魔法と科学の境はなくなり、科学者たちが日夜、文系数学レベルの統計w如きを毎日見て、コロナに怯えている理系って臆病なのねwwwwと、笑う冷笑はやめましょう!

 だって、落合陽一の言うとおり、こんな茶番な世界は他人のゲームから自分のゲームなんだからね!自分に嘘をつくかつかないかというカオスな現代ー、

 マルクスガブリエル曰く世界は存在しないー、だったら、プラグマティック・ドライヴへ闘争すればいいじゃないか!

 というわけで、真の差別=恋愛するヘテロ・ピープルを目指す諸君、今こそ新たなる「闘争!」に向けて決起されんことを!