ジャルジャルはなぜ面白いのか?

唐突だが、私はお笑いコンビのジャルジャルがとても好きだ。

彼らのネタ自体も好きだし、最近ではzoomを駆使したリモートコントをやったり、ネタに登場するキャラを生かしたショートドラマのような動画を出したりしており、メディアの使い方がとても優れていると感じる。

ところで、ジャルジャルの様々なネタを見ていると、気付くことがあった。
「お笑い」の本質が何かという重大な問題である。

一口に「笑い」と言っても、コントや漫才を見て生じる笑いと、幸福や安寧を感じたときにこぼれる笑いは、かなり性質が違う。
後者は、リラックスした時に表情が緩むものであるが、前者はその真逆と言ってもいいだろう。
お笑い芸人のネタ等を見て腹を抱えて笑う時、我々は一種の「緊張感」を抱いているのだ。

ジャルジャルの代表的なネタを見ると、その理由がよく分かる。
例えば、「タメ口な奴」や「リモート面接でたぶん寝転んでる奴」は、かなり人気のネタだが、これらにはある共通点がある。
それは、「逸脱」である。
どちらのネタも、面接という極めて真面目な場を舞台にしているが、そこで求められる振る舞いから大きく逸脱し、タメ口で話したり寝転んだりすることが、笑いのポイントなのだ。
だが、これはよくよく考えればおかしな話だ。少なくとも、そうした異常な行動を見たところで、和んだり安心したりすることはないだろう。むしろ、そうしたものから人が感じ取るのは、緊張や警戒に近い感情だろう。

それでも、我々はそうしたシチュエーションから感じ取った緊張を、笑いに変えてしまう。顔の筋肉がリラックスして笑顔になるのではなく、顔の筋肉が制御できず笑いが止まらなくなるのだ。
このように考えると、お笑いとホラーは娯楽の性質上、地続きであると分かる。
ハズレの先生が担任になった奴」や「男なのに女子バレー部の試合呼ばれた奴」は、ジャルジャルのネタの中でもホラー色が強い方だが、お笑いとホラーが繋がっていると考えれば、ホラー色が強いネタが生まれることも決して不思議ではない。

程度の差はあれど、お笑いとは本質的に「ブラックユーモア」なのだ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中