ロルフのわくわくブロック日記①

唐突な話になるが、私はSNS上で他人をブロックするのが好きだ。ブロックすれば不快なアカウントを見なくて済むのも大きな要因だが、ブロックする瞬間にも大きな解放感や達成感を覚える。
そのため、カオスフォレストのYouTubeチャンネルではモデレーターとして治安維持を担当することになったのだ。

そして、カオスフォレストのYouTubeでの炎上を見てると、いくつか気づいたことがあった。まず、炎上を起こしてるアカウントは極めて少数だということだ。
例えば、古田がぴよぴーよ速報について語った動画(2021年2月6日時点で再生回数が約9500)には、最大で190程度のコメントが付いていたが、明らかに誹謗中傷と見做せるものは、全体の半分以下だった。

そうしたコメントに対しては、初めはある程度反論したり注意したりしていたものの、そういう風に「構ってあげる」ことで、むしろつけ上がるアンチも多かった。
なので、途中から方針を変え、ちょっとでも攻撃的なコメントはすぐに削除するようにした。
すると、新たに来るアンチコメントや誹謗中傷は大幅に減った。詳しい理由は不明だが、私は以下のような仮説を持っている。
コメント欄に大量のアンチが湧いている状態では、攻撃的なコメントをより一層書きやすくなるとも考えられよう。そのため、目立ったアンチコメントを一通り削除してしまえば、新たなアンチコメントを書き込む心理的なハードルも上がるだろう。
この仮説が正しいか否かはまだ完全に実証されていないが、今後もアンチコメントは早めに消し去りたいと思う。

※ロルフのわくわくブロック日記②へ続く

ロルフのわくわくブロック日記①」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中