カオスフォレストに母性を求めるな

久々にライブ配信に参加したが、改めて思ったことがある。

カオスフォレストに母性を求めるな!

はっきり言うが、我々は依存する信者を精神的に支える気はない。
むしろ、迷惑なので他所のコミュニティに行って欲しいぐらいだ。いくら再生回数に貢献しようとも、我々はそうした手合いを肯定的に評価しない。
自分の頭脳を駆使して主体的に物事と向き合い、考える人ならば、視聴者・読者として歓迎しよう。だが、あくまで古田やロルフから褒められたり承認されたりしたい”だけ”の人は、門前払いさせてもらう。

これは、保守派か否か、哲学に詳しいかどうか、などよりも余程重要な問題だ。
なぜなら、立場や党派性に関係なく、思想や哲学を扱う上では主体性と強靭性が必要になるからだ。
不完全であっても、そうしたことに真剣に取り組む人であれば、カオスフォレストの「同志」だと言える。友達や信者ではなく、同志だ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中