ワタシたちはYouTuber(バカ)じゃない

生まれて初めてこんなに「いいね」も「わるいね」でも差別されたなと感じたのは、YouTuberをやってからです。

 YouTuberっていうのは、TV進化論の浅田彰の予言した通り、極めてマイナーなジャンルも出せるし、ユルく気軽に誰もが、自由に情報発信するメディアの民主化、スターやコミュニケーションの民主化と言っても言い過ぎではないでしょう。

 本来、YouTuberは素人芸が売りという健全さがあったのにです。それなのに、素人で数の競争とはなんぞや?

そうです。YouTuberには上からヒカキン、フィニッシャーズ、ネオ高等遊民、最低からシバター 、坂口章、カツドンなどなどなど。コイツら誰もが自由に伸び伸びと最初の頃はやっていたはずなんです。

 が、「いいね」連呼する方は方で、アイドル的な消費を誘導し(見た目よくしろ金をもっとかけろ)、こっちのコンテンツの中身なぞどうでもいいわけだし、「わるいね」連呼をする方は複垢やお決まりの「ああ」(何回このユーザー名の捨て垢を見たことか…)で炎上して叩ける状態でイジらせてくれと奇妙なラブコールのコメントが日夜飛んでくる始末。

 結局のところ、疲れます。

 いいねを押す方の自分色に染めたい圧迫こそが、木村花やうごくちゃんという同業者を追い込んだと思うのです。

 同年代からはいいねでもイジられて、わるいねでもイジられて、年上からは変な若者だとバカにされる。

 カイジのように、コメント欄へ「ふざけろー❗」と言いたいのであります。

 YouTuberの本義とは、ヒトラーよろしくTVのようなマスメディアの支配から逃れて、そして!ユルく気軽に誰もが情報発信するメディアの民主化、スターやコミュニケーションの民主化と言っても言い過ぎではないでしょう。

 そうです。

 本当はYouTuberはバカじゃあないんです。コメント欄のように態度からして無責任ではないですし、年上のようにメディア洗脳をされず、自らがメディアを自由自在に走り回る音のようなヘルメス神のようなのです。

 ずっと真夜中でいいのにのように、YouTuberから出発し、もはや紅白なんぞという東洋のど田舎を突破して世界中から好かれる現象も発生しています。コロナ紅白よろしく無観客の音楽家でも日本で有名だよとイジられながら、消費される音楽家YouTuberなぞなりたくもありません。

 YouTuberは人類初のヒトラーや国家に洗脳されずに、そして、誰もが活躍できる最強のメディア人間たちなのです。うごくちゃんや木村花、へライザーのように演者として弄るのは、単なるコメントの奴隷で、TV以上に「いいね」を押す者共の圧迫であんな痛い芸風をやらざるおえなくなっているのです。

 あまり無垢で残念なメンヘラをいじらないでください。大人の皆さん、彼女らを演者だと見下して、中途半端に搾取しないでください。そして、ネタだけがYouTuberだよねと鈴木ゆゆうたや優香をいいねで持ち上げながら、ワッと潰すようにしないでください。

 きっとメディア人間のあり方はこれからもっと細分化されて、もっと自由な方向へ建設しないとならない。そのチャンスであるということに皆さんはあまりに無自覚だということを主張し、ここで筆を置きたいと思います。それにしても、YouTuberに普段から関心ない単なる文化人のワタシが、自殺に走っちゃう、人気者に急かされる10代、20代の片棒を担がないとならない状況ってナニ?コロナ自粛というソーシャル・ハザードの前で、統計データを片手にパンツをクチに加えるよしりん(マスクを皮肉る)のようになれって言いたいのかしら?

 SNSってさぁ~、そんなもんだったじゃないか。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中