能動で生きているの?生かされているの?

音楽はどうあがいても恥ずかしい。

ヘドロのカスでクズでゴミでゲボでゴミだと言っていいだろう。

だって、中身のないレトリックだけのポエムなんだもん。

 音楽はどうあがいても恥ずかしい。

偽善、偽善、偽善、偽善、偽善、偽善、偽善、偽善、偽善、偽善、偽善、偽善、偽善、偽善、偽善、偽善、偽善、偽善、偽善、偽善、偽善、偽善、偽善、偽善、偽善、偽善、偽善、偽善、偽善、偽善、偽善、偽善、偽善、偽善、偽善、偽善、偽善、偽善、偽善、偽善、偽善、偽善、偽善、偽善、偽善、偽善、偽善、偽善、偽善、偽善、偽善、偽善、偽善、偽善、偽善、偽善、偽善、偽善…、

幼稚、幼稚、幼稚、幼稚、幼稚、幼稚、幼稚、幼稚、幼稚、幼稚、幼稚、幼稚、幼稚、幼稚、幼稚、幼稚、幼稚、幼稚、幼稚、幼稚、幼稚、幼稚、幼稚、幼稚、幼稚、幼稚、幼稚、幼稚、幼稚、幼稚、幼稚、幼稚、幼稚、幼稚、幼稚、幼稚、幼稚、幼稚、幼稚、幼稚、幼稚、幼稚、幼稚、幼稚、幼稚、幼稚、幼稚、幼稚、幼稚、幼稚、幼稚、幼稚、幼稚、幼稚、幼稚、幼稚、幼稚、幼稚…、

虚構、虚構、虚構、虚構、虚構、虚構、虚構、虚構、虚構、虚構、虚構、虚構、虚構、虚構、虚構、虚構、虚構、虚構、虚構、虚構、虚構、虚構、虚構、虚構、虚構、虚構、虚構、虚構、虚構、虚構、虚構、虚構、虚構、虚構、虚構、虚構、虚構、虚構、虚構、虚構、虚構、虚構、虚構、虚構、虚構、虚構、虚構、虚構、虚構、虚構、虚構、虚構、虚構、虚構、虚構、虚構、虚構、虚構…、

どこまでも音楽は、非生産的で、偽善かつ幼稚で虚構だろう。

だからこそ、自己批判の精神を徹底的に保たないと、究極の歌は生まれない。

自分の身体を焦がすほどの、魂が揺さぶられるようなパトスー、エメラルド・スプラッシュ!

この歌には、音楽の否定しかない。

のっぺらぼうだ。

辿り着けない薄幸の少女を踏み潰すのは、君自身なんだ。そうだ!音楽を聴いて、逃げている君自身だ!そうだ!そうだ!そうだ!逃げる逃げる逃げる、逃げて、逃げて、逃げて、お面を被った露悪なニヒリストに君は少女を奪われる。

逃げて逃げて逃げて、嘘の嘘の嘘ばかり重ねるから、ずっと闘争からの逃走は終わらないし、理想はずっと掴めない。

そして、ニヒリストのお面を剥がす時がやってきた。

そこで気づく。

自分を遮ってきたお面のニヒリストこそ、己自身だったことが。

絶望的ラスト!

「能動で生きているの?生かされているの?」

ハッピーエンドという理想の少女を掴むのは、能動で生きている、つまり黒い自分ともしっかり向き合う勇者だけなのだ。白い白い綺麗な主人公だと思い込んでいた男は、実のところ、黒いニヒリストだったのだ。SNSの歌い手やゲーム実況者の笑みに黒い影がよく見えるのは、彼らが強いから成功したからではない。弱いのに、強さへ向かう死の躍動という葛藤があるからだ。怖い、怖い、怖い。不安だ、不安だ、不安だ。助けて、助けて…、どうすればいいんだよう〜…、

            び 

                           ー

                                 。                      

  

  音楽は…。やっぱりどうあがいていも恥ずかしい…。

 しかしー。偽善者が炎上を直視し、他人へニヒリズムを振り回さず、己へ!振り回した時、

 くだらないくだらない演技、嘘の人格を嘘の人格をやめたときに…。

 本当のハッピーエンドに到達できる。

 音楽はどこまでもどこまでもどうあがいても恥ずかしい。けど、だからこそ、その「絶望」へ向き合えたときには…、

能動で生きているの? 生かされて

    いるの?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中