「真剣に」運動神経悪い奴は、ケインズを語る資格はないし、1万人フォロワーがいても無能だし、ダメだこりゃ〜。

 ごめんごめん。イルカ顔のインテリ諸君。顔真っ赤に煽っちゃってごめんなのだ…。

 だけど、本当に賢くなるために、この手の問題って外せないって思うの。

 思うに、頭が良いから、頭が良いんじゃあなくて、運動神経が悪いからこそ、頭が良くなったっていうのが本当の知性の始まりじゃあないかしらっていうね。逆に言うと、論理性や暗記能力が高いことと、総合的に賢いことは全くの別物っつーわけさ。

 例えばさ。幼少期のお砂場を思い出してよ。もしくはかけっこ競争にドッチボールに、ドロケイ!

 ごめんごめん!東っちや中野っちに似た諸君は、いや〜な冷や汗をかいた?遊ぼうよ!(スポーツで…)っていう暗黒じみた悪ガキ達に囲まれた君は、どうしたのかな?ドジっ子キャラなり、う、運動は関心ないッスから…って色々と誤魔化したと思う。それとも、教員に好かれるように!暗記!暗記!暗記!論理!論理!論理!ぼくはっ!わたしはっ!おかあさんに!いつも!たすけられて!たのしかったですぅ!

 スポーツ悪ガキも乱暴で怖えけど、イルカ顔のメガネっ子も怖えぜ。あのさぁ!あの頃は可愛かったのに…ってよく言うけど、ドクズだってそうだろうよ。かわいさにごまかされてはいけないし、結構のところ、性格や資質は、ほら!幼少期に培われたなぁって思わない?

 んでさぁ!スポーツ。これから逃げちゃあいけないっておれは思うわけさ。思わない?勉強や思想で万能ぶるのはいいけどよぉ〜、それが、ぶっちゃけ「幼少期のスポーツ少年達に対するルサンチマンからの反発」だとしたら、本当に頭良くて強いって言えるのかな?

 ルサンチマンから、勉強を頑張るのはいいことだけど、それが神経症的になりすぎて、勉強できないと、友達ができないだとか、勉強こそが世界を救うんだぁ!ってなっていったら、マジでやばいと思うし、いくら哲学や数学を極めても、ロクなことにならないと思う。だいたい、向き不向きがあれど、スポーツと勉強、遊びも、論理や暗記能力を要求されるものであり、偏差値45から偏差値55辺りなら、本当に賢い奴なら、真正面からトライして、いい誤魔化し方とかあるんですよねぇ。俺、サッカーとかめっちゃ得意だったもん。だけど、まあ詳しい話しは省くけど、これって、哲学や数学の応用なんすよね。

 んで、思想や批評、政治、実務を語るときに、ありゃりゃ…この人って単なる頭でっかちだなぁ…って思う人の大半って、運動神経のどこかがおかしい人なわけ。詳細に言えば、誰だって運動神経、全部が万能はいないんだけど、その全てから逃げてきたんだろうなぁ…、んで、その逃げ道に偏って勉強だけ…みたいなさ。

 てんで、ダメね!そういうのは!スカタンがぁ〜!ダメ!ダメ!ダメ!

 圧倒的にダメ!

 マジで読みが浅くなるんだよね。そういう人の思想や批評解釈って。あ、悪いけど、運動神経が悪い奴をバカにしているんじゃあねーよ。運動神経という身体性、そういった一つのリアリティに向き合わないで、思想とか社会を語ることが、かなーり愚かな所業ってわけ。

 これなら、いっそ理系だけで語る方がまだマシって感じ。この問題って案外、理系以上に、文系の冴えない中途半端なのに、ケインズは〜とかラカンは〜とかマルクスは〜とか語り出しちゃう奴らに傾向している。

 あのさぁ…、ケインズはそもそも経済学者でもなんでもないど素人の官僚だし、分析哲学者でデビューしようと思っていたわけ。単に才能ないから、失敗したのよ。むしろ学者の才能がないからこそ、大衆経済、実務経済で成功したのよね。MMT信者ってケインズの等身大をちゃんと理解していない。ケインズは経済学の天才だから天才だってつーのは、かなーり間違えていて、むしろ落ちこぼれで、だけど、バランス感覚に優れていたからこそ、マクロ実務政策に成功したわけ。確かにすごいけど、彼が数学的にすごいか、学者としてすごいか、っていったら、疑わしいものだよ。計算式だって死んだ後、間違えていたとかあるわけだし。

 だいたい、ケインズにとって、経済学なんてくだらなねぇ暇つぶしだよ笑。

 恋愛に大忙しでバレーリーナーと結婚しながら、ゲイで、しかも、芸術家のスポンサーに夢中っつーんだから、彼にとって経済学って、たかだか、1つの仕事に過ぎなかったわけ。

 アクロバティックなケインズの身体性をしっかりと意識しないと、MMTも筋が通らないと思う。

 ラカンって最近の若い人々みんな読み過ぎだけど、それも、ヘテロ、異常な自分の自己正当化の為だけに使うんだったら、ラカン自体には一生なれないってことだよね。ラカン理論を行うのはあくまで医者であって、冴えない変態な自分を自己正当化するために、ラカンを援用して、患者と医者を同時並行でするのは、ちょっと歪んでいるように見える。

 まあラカンに限らず、これ、ネット弁慶全体の空気で、千葉雅也くんあたり、高学歴浪人美少女アイコン・クラスタ、そして、リア充ぶったインキャ、いいね集めYOUTUBER達にも該当するけどさ…(もちろん彼らのジャーゴン、哲学や駿台ネタ、くだらねぇネタは好きではあるよ。あるけどさ…)、

 弱者である自分の変態性のむき出しが、返って、強者である!っていう、変な屈折の仕方は、単なる負け犬の屁理屈だと思う。だから、彼らの弱者アピールって吐き気がするほど、しつこいし、壊れているんですよね。

 俺が、いいね集めはくだらないし、インフルエンサーなYOUTUBERの過度な期待はダメだよねって言っているのは、弱者であることが強者なんだっていう、気持ち悪さにあるんだと思う。

 なおさら、こいつらが気持ち悪いのは、こいつら自体は、別に、ケインズにもMMTにもラカンにも千葉雅也にも、お笑いにも美少女にも、本当は関心なんかなくて、ただ弱者の自分たちをどうにか保とうとして限界集落的に群れているんだけど、結局、みんな弱者の上に、逃げているから、一生、現実で勝ち組になれないし、仮に、党派を使って勝ち得ても、逃げてきた現実に直面して、打たれ弱いし、いつでも黒い黒い黒い不安を埋めようと躍起になっているのだ。なのに、MMTとかインフルエンサーとか問題の本質をズラした言葉でお茶を濁してくる。

 

 もう茶番はやめようぜ〜。

 カウセリングの問題だったら、経済学もいいね集めも本当の問題では、ない。

 運動神経から少しズレてしまったので戻すと、オルデガの言う観念の暴走、脳内イメージのレトリックの誤魔化しは、お砂場の歴史修正主義から始まっている。運動神経だって、論理も知識も要求される。そして、そこからの逃避のために、知性を磨くのは、単なる逃避であって、真なる理解からは程遠い。ある程度の運動神経だって、トライするべきだと言いたい。

 

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中